カードリスト / 第2弾 / / 関索(花麗なる号令)


武将名かんさく花の貴公師
関索「見惚れてると、痛い目見るよ?」

関羽と胡金定の子。父親譲りの力持ちで、父の残した甲冑と花帽を着け戦いに身を投じた。その美しさと知勇兼備な振る舞いから、鮑三娘をはじめ、王桃と王悦そして花鬘など、多くの女性を虜にして妻に迎えている。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力7 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器同盟者
計略花麗なる号令味方の武力が上がる。この効果は特技「魅力」を持つ味方部隊数が多いほど大きい
必要士気6
Illustration : 唐々煙


2枚目の関索は騎兵として登場。

征圧力は低いがスペックは戦闘向きで安定感がある。
将器は各勢力から魅力持ちを集めんとするための同盟者で固定。副効果も速速速で固定なので騎兵である自身との相性は抜群。

花麗なる号令は特技を参照する号令。
上昇値は範囲内の『魅力』を持つ部隊数+1。効果時間は約7c(Ver1.1.5A)。

5部隊魅力持ちがいれば武力+6とかなり費用対効果のいい号令なのだが、やや効果時間が短い。
魅力持ちが4部隊で使うと若干効果時間の短い劉備の大徳になってしまい、3部隊以下は士気に見合わないため
わざわざ魅力持ち限定という縛り制約をデッキに課すのであれば5枚以上魅力持ちを採用して使うことが基本になる。
そのため4枚デッキ以上にはなりにくい父の武神の大号令とは相性が悪い。

Ver.2.1.0C時点で「関索」名義のカードを除いても
651枚中247枚が魅力持ちだが、その半数以上が1.5コスト以下。
2コスト以上は武力8以上に絞ると勢力限定号令を持つカードが目立ち、一気に選択肢が狭まる点に注意。

このカードの主な使われ方はVer.1.2.0C頃から台頭しているのが、孫尚香(恥辱)とのコンボである花麗恥辱デッキ
蜀単で魅力持ちを集め、6部隊花麗+法具からの恥辱によるフルコン時の爆発力が特長。
それに加えて孫尚香の将器攻城術による強引な城門攻めで一気に敵城を陥落させることが可能。
関索と孫尚香以外の素武力がどうしても落ちるので落城に失敗すると逆に落城させられるリスクも高いが、単勢力で容易に組める事からトレンドとなっている。

他にも鄧芝と組んで呉の優秀な弓を採用するデッキもチラホラ見かけるので、関索を使いたい時はこれらのデッキを参考にするといいかもしれない。

修正履歴

Ver.1.1.5A 効果時間延長:6.7c⇒7.1c