カードリスト / 第2弾 / / 諸葛恪


武将名しょかつかく げんそん不遜なる才器
諸葛恪 元遜「見ていろ、無能ども。
  僕は高みへと昇ってみせる」

呉の文官・諸葛瑾の長男。機知に富み、臨機応変な討論を得意としたが、不遜な性格で敵が多かった。孫権の死後、不仲な家臣に排除を企まれるが、これを見破り、逆に敵対する家臣たちを誅殺。幼帝の孫亮を擁立して、実権を握った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力3 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵 防柵
将器兵力上昇 防柵強化 募兵
計略傲岸不遜敵の武力と知力と移動速度を下げる。ただし効果終了時に対象の敵の武力と知力と移動速度を一定時間上げる
必要士気5
Illustration : ニシカワエイト


傲慢な性格で知られる諸葛瑾の息子。
父親と同じくモノクル装備であり、これは蜀にいる自身の弟にも受け継がれる事になる。

そのスペックは同じく口の悪さに定評のある虞翻と同じ、伏兵と柵というあるミスマッチとも言える組み合わせの特技を持つ。
加えて1.5コストにして武力は1コスト並の3しかなく、戦闘ではあまり期待できない。
一応征圧2の騎馬である為征圧に突撃とやれることは少なくないが、武力に難を抱える呉では低武力はかなりきつい。
将器の内防柵強化は柵の見た目が変わるので、持たせると柵が何枚あろうがもれなく初期配置がバレます。
募兵もシステムと噛み合っていない為、持たせるなら兵力上昇が無難だろう。

計略「傲岸不遜」は自身前方の、カード直径3枚分ほどの範囲の妨害。
武力-4・知力-4・移動速度0.3倍程度の妨害をかける。効果は基礎時間5.8c、知力依存は1.7cとやや高め。
だが効果終了後に対象が生存していると、対象の武力+5、知力+5、移動速度1.5倍が8.3cもついてしまう(Ver1.2.0E)。

妨害の効果は士気5で離間の計と同じ武力・知力低下値、3倍速の馬すら突撃不可にできるほどの速度低下値、そこそこの範囲と非常に強力。
しかし強化値は妨害効果を上回り、強化された部隊をもう一度傲岸不遜で止めようにも知力が上がっているために今度は妨害の効果時間が短くなってしまう。
もしそれが重なれば効果終了後は武力知力が+10された超速軍団が出来上がってしまうため、使えば使うほど手が付けられなくなってしまう悪循環となる。

追加当初は妨害時間がより短くデメリットの強化時間が約15cと難点が目立つ計略だったが、度重なる上方を受けてまともなレベルにはなった。
また相手生存時の強化時間も8.3cと追加当初と比べて半分ほどになったため、ワンスルーや守城ローテで凌ぎやすくはなった。
とは言え並みの号令以上の効果時間である点は相変わらずである為、いくら短くなったとはいえ過信は禁物。

どうしてもデメリットに目がいきがちな計略だが、妨害効果の決定力は士気5として破格なレベル。
呉は強力な弓兵が多く、武力と速度を下げた相手を弓の集中砲火で確実に落とすのも容易になるため足並み崩しがやりやすくなる。
加えて3倍速の馬をも突撃不可にできるため単体超絶計略への対策としても有効。
号令相手も知力を落とし効果時間を短くできるため、先掛けで使い各個撃破されるか士気を使わせるかの二択を迫っていける。
但し、自身が1.5コスト武力3なのでこちらのデッキパワーも相応に落ちている点には注意。

また、その知力低下と合わせて火計と組み合わせる手もあり。
特に赤壁の大火とのコンボなら士気をすべて吐くものの知力8まで確殺にできるため、効果範囲の敵はほぼ一掃できる。
ただし前述の通りフルコンなので、落とせなかった場合や再起カウンターには十分注意が必要。
しかし、複数部隊の知力低下妨害を持つ趙夫人がVer1.2.0で追加されており、
こちらはコスト1で士気も4、知力低下値も-5なので、この運用を目的に諸葛恪を使うことはまずないだろう。

最大の壁は周姫。
同コスト・同兵種・同武力・同征圧・伏兵持ちとこれでもかと言う程被ってしまっている。
かたや号令、かたや(癖は強すぎるが)妨害である為優劣は付けられないように見えるが、あちらは伏兵がバレない。
また、こちらと違い計略に特にデメリットが無いと言う点も無視できない。

総括すると、スペック・特技・計略全てに癖があると言う三国志大戦有数の超上級者向けの武将と言える。
とにかく物凄く使う人を選ぶカード。

修正履歴

Ver.1.1.0B 妨害効果終了時に掛かる強化効果の時間短縮 15c→8.3c
Ver.1.1.0C 妨害時の効果時間延長
Ver.1.1.5A 妨害時の効果時間延長
Ver.1.2.0E 移動速度減少値増加 →0.3倍
Ver.2.0.0D 妨害時の効果時間延長