カードリスト / 第2弾 / / 諸葛恪


武将名しょかつかく げんそん不遜なる才器
諸葛恪 元遜「見ていろ、無能ども。
  僕は高みへと昇ってみせる」

呉の文官・諸葛瑾の長男。機知に富み、臨機応変な討論を得意としたが、不遜な性格で敵が多かった。孫権の死後、不仲な家臣に排除を企まれるが、これを見破り、逆に敵対する家臣たちを誅殺。幼帝の孫亮を擁立して、実権を握った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力3 知力8 征圧力2
官職文官
特技伏兵 防柵
将器兵力上昇 防柵強化 募兵
計略傲岸不遜敵の武力と知力と移動速度を下げる。ただし効果終了時に対象の敵の武力と知力と移動速度を一定時間上げる
必要士気5
Illustration : ニシカワエイト


傲慢な性格で知られる諸葛瑾の息子。

同じく口の悪さに定評のある虞翻と同じ、伏兵と柵というあるミスマッチとも言える組み合わせの特技を持つ。
1.5コストにして武力は1コスト並の3しかなく、戦闘ではあまり期待できない。
しかし、知力8の伏兵に防柵を持つため特に開幕に強く、その後も征圧2の騎馬であるため、征圧に突撃とやれることは多い。

将器の内防柵強化は柵の見た目が変わるので、持たせると柵が何枚あろうがもれなく初期配置がバレます。
募兵もシステムと噛み合っていない為、持たせるなら兵力上昇が無難だろう。

「傲岸不遜」は自身前方の、カード直径2枚分ほどの範囲の妨害計略。
武力-4、知力-4、移動速度0.5倍程度の妨害をかける。効果は同知力に5c程度。
だが効果終了後に対象が生存していると、対象の武力+5、知力+5、移動速度約2倍が約15cもついてしまう(Ver1.1.0A)。

妨害の効果だけでいえば離間の計並みで、それが士気5で使えるのだから破格の効果だが、
対象を生存させるとその低下値以上の強化で襲い掛かってくる。
武力+5、知力+5、移動速度約2倍が15cは単純な号令なら士気7以上の費用対効果になる。
そしてその強化値が傲岸不遜の妨害効果を上回るので、強化された部隊をもう一度傲岸不遜では止めることはできず
それで止めれば効果終了後は武力知力が+10された超速軍団が出来上がり、使えば使うほど手が付けられなくなってしまう。

こちらの攻勢では、相手は城に戻って短い妨害時間をスルーするだけでも勝手に逆襲の準備ができてしまい、
かと言って離間の計のような足並み崩しの時間稼ぎにも全く適しておらず、非常に使いどころの難しい計略。
どちらかといえば守り向きだが、強化された部隊の効果時間が長すぎるためこちらはワンスルーもできない。
そのため、使うからには確実に対象を撤退に追い込む必要がある。
ただ強化の恩恵を受けにくい、または強化する前に試合が終了するような試合最終局面でならデメリットをあまり気にせず使える。
とは言えあまりにも癖が強すぎるので、人を選ぶ計略である事は確かである。

移動速度低下があるため逃げられづらいので、呉お得意の高い武力上昇のある自爆計略などでキーカードだけでも潰したい。

複数部隊の知力を下げられる妨害なので、士気を全部吐き出すが、火計と組み合わせる手もあり、
特に赤壁の大火とのコンボなら知力8までは確殺なので、効果範囲の敵はほぼ一掃できる。
ただし前述の通りフルコンなので、落とせなかった場合や再起カウンターには十分注意が必要。
しかし、複数部隊の知力低下妨害を持つ趙夫人がVer1.2.0で追加されており、
こちらはコスト1で士気も4なので、この運用を目的に諸葛恪を使うことはまずないだろう。

最大の壁は周姫。
同コスト・同兵種・同武力・同征圧・伏兵持ちとこれでもかと言う程被ってしまっている。
かたや号令、かたや(癖は強すぎるが)妨害である為優劣は付けられないように見えるが、あちらは伏兵がバレない。
また、こちらと違い計略に特にデメリットが無いと言う点も無視できない。

正直な話、非常に人を選ぶ諸葛恪は採用の機会に恵まれないと言うのが事実である。