カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 貂蝉(気まぐれな昂揚)


武将名ちょうせん蛍火の美女
貂蝉「甘くないわ。二つの意味で」

古代中国四大美女の一人で、後漢末期の名士・王允の令嬢。天下無双の武将・呂布を引き抜くため董卓の側室となる。時に従順に、時に我がままに振る舞って両者の心を動かし「美女連環の計」を成功へと導いた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職-
特技魅力
将器遠弓術
計略気まぐれな昂揚戦場にいる味方部隊数に応じて、いずれかの味方の武力が上がる。対象に自身が選ばれた場合、戦場にいる味方部隊数に応じて自軍の士気が上がる。この計略は効果中でも再度発動することができる
必要士気4
Illustration : コトヤマCharacter Voice : 東山奈央


「週刊少年サンデー」とのコラボで登場したEX。
元ネタはイラストレーターのコトヤマ氏の漫画「だがしかし」のヒロイン、枝垂(しだれ)ほたる。声はアニメ版とは異なる。

スペックは女性では珍しい脳筋スペック。
C李傕は復活、R丘力居は攻城、このカードは魅力とのトレードオフになっている。デッキによって使い分けよう。
また群雄の女性武将であるため、戦処女の大号令にとってはありがたいスペック。
女性1.5コスト弓の中では、全勢力を見渡しても唯一の武力6である(Ver.2.6.0A)。
彼女の登場でデッキ総武力を落とすことなく女性単を組みやすくなっている。
後述の計略は勢力制限が無いので、他国の魅力を重視するデッキへ出張もできる。

計略「気まぐれな昂揚」は戦場にいる部隊から対象をランダムに選ぶ単体強化計略。
撤退中や城内にいる部隊は後述の効果にカウントされず、対象にもならない。
戦場にいる味方の部隊数に応じて武力が上がる。上昇値は味方部隊数×1で、部隊数がそのまま上昇値。
この効果は本人でも本人以外でも変わらずに上昇する。効果時間は約8.5c。
もし対象が彼女自身の場合、使用直後に部隊数×1の士気上昇が得られる(Ver1.1.0C)。
自身に効果が及んでも、効果時間中にこの計略をまた撃つことが可能。

この計略の大当たりは彼女自身が対象に選ばれた時である。
仮に6部隊が戦場に出ていてこの計略が彼女にかかると、武力12の弓兵が出来上がる上に、
士気がこの計略の消費士気をチャラにする。
逆に他のカードにかかってしまった場合は、6部隊もいれば悪くはないが、4部隊以下で使っても見るものはない。
1/6を引き続ければ引き続けるほど、とんでもない弓兵ができあがるが、2回続けて引ければいい方である。

だが選ばれる部隊が完全にランダムなので、狙ってこの破格の効果を自身にはかけることはできない。
かと言って抽選確率を上げるためにデッキの枚数を減らすと、
効果が部隊数に依存するので高い効果が得られないというのがよくできている。
枚数を増やせば低コストが増えるので、強化計略も武力上昇が高くても士気相応程度の効果にしかならない。
総じてギャンブル色が強い計略である。

効果が安定せず積極的には使いづらいが、これだけの武力上昇があって士気が上昇する可能性があるのは面白い。
特に試合終盤で既に敗色濃厚になっている状況では一か八かこの計略に賭けてみる価値はある。
単純に6部隊戦場にいる状態でも、この計略が自身にかかれば士気は6になる。
自身強化に即戦処女の大号令等の威力ある計略を重ねられるため、戦況をひっくり返す可能性も十分出てくる。
通常は武力要員として働いてもらい、いざという時に座して死を待つならこの計略に頼ってみるとよい。

やはり自身にかかった時の士気上昇が目玉なので、使うなら枚数多めのデッキの方がよい。
4部隊程度のデッキでこの計略を使うなら、先陣の誉れ等の士気バック計略を使った方が早いし確実。
外れた場合の強化を生かすためにも、デッキパーツは武力スペックを重視して選ぶのが吉である。

当たりを引けた時は嬉しいが、ハイになって無駄な連発などをしないよう心掛けよう。

登場バージョン

Ver.1.1.0C (第二回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.1.5B (龍玉商店)

Menu

最新の20件

2019-12-10 2019-12-09 2019-12-08

今日の20件

  • counter: 35617
  • today: 9
  • yesterday: 24
  • online: 63