カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 公孫越


武将名こうそんえつ
公孫越「天を翔け、勝利をこの手に!!」

北平の太守・公孫瓚の弟。公孫瓚が袁紹と共謀して冀州を奪った後、冀州分割を申し入れるための使者となったが、任務から帰る途中、袁紹の兵の闇討ちによって射殺された。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力5 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器知力上昇 士気上昇 征圧力上昇
計略攻城術の号令味方の武力が上がり、敵と接触しても攻城ゲージが増えるようになる。ただし強制的に前進する
必要士気5
Illustration : ヨシモトCharacter Voice : 安元洋貴


あまりにも哀れな最期を遂げてしまった公孫瓚の弟が、大戦初登場。
一応さんぽけにおいて先行登場しているものの、そちらでも呆気ない最期を遂げてしまっている…。
(さんぽけでは袁紹と公孫瓚双方の勢力を消耗させようと謀った曹操が殺害し、袁紹兵の闇討ちのせいに見せかけた)

スペックは7/5/1に特技攻城持ちと、2コスト騎兵としては苦しい性能。
群雄では唯一の2コスト騎兵初の攻城持ちであったが徹里吉が追加され独自性を失う。

計略「攻城術の号令」は武力+4に加え、味方に将器・攻城術を疑似的に与えると言うもの。
その代わり、強制的に敵城に向かって前進してしまう。効果時間は9.2c、知力将器で10.4c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1C)。
過去作に存在した特攻号令に近いが、あちらと違い攻城力を上げる効果は無い。
また、この計略による攻城速度は攻城術よりも速い。
なお、攻城術系の攻城ゲージ上昇効果は重ね掛けができず、一番効果が大きいものが選ばれる。
つまり、攻城術<攻練の旋律<攻城術の号令である為、この計略が最優先となる。(迅速攻城との比較は未検証)

乱戦しても攻城ゲージがじわじわ蓄積され攻城が成立する効果は、攻城兵だと与えるプレッシャーが絶大になる。
ただし旧シリーズの特攻号令と異なり、城門に重なる形で攻城してもシステム上城門を叩けるのは1部隊だけで
他部隊は城壁(浅)扱いなのは注意。

ちなみに、肝心の兄・公孫瓚との相性は悪く思われがちだが、敵城に素早く近づけることを考えると悪くはない。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 効果時間延長 7.5c→7.9c
Ver.1.2.0D 効果時間延長 7.9c→8.3c
Ver.2.0.0D 効果時間延長 8.3c→9.2c
Ver.2.5.1C 乱戦時の攻城ゲージ上昇速度増加

Menu

最新の20件

2019-10-17 2019-10-16 2019-10-15

今日の20件

  • counter: 30324
  • today: 23
  • yesterday: 27
  • online: 97