カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 侯氏


武将名こうし白馬の天騎
侯氏「伯珪、あたしも天下に連れてって!」

北方の雄・公孫瓚の妻。その馴れ初めは、侯氏の父が公孫瓚の容姿と才覚に惚れ込み、娘婿に迎えようと考えたことからだった。その後、公孫瓚は盧植に師事して、一群雄へと成長。侯氏は公孫瓚を精神的に支えたとされる。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力5 征圧力1
官職-
特技魅力
将器士気上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略白馬陣味方の移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : 赤賀博隆


公孫サンの妻がかつての夫の計略を携えてVer.1.2.0Aにて追加。
スペックも三国志大戦初代の夫のものに準拠している。
将器はどれも扱いやすいが、速度上昇については計略と重なるため優先度は下がるか。

計略は速度を上昇するのみのシンプルな号令。
12C程度、上昇量については情報待ち。(Ver1.2.0C)

軽めの士気の号令だが、号令コンボとして組み込むよりは、
征圧戦・消耗戦に持ち込んだり、相手の号令から一度引いてからのカウンターを狙ったり、先撃ちする事で相手の士気を吐き出したりと、
場荒らしや裏の手として単体で使う事の方が多い。12C程と号令としては長めの時間なのも、そういった戦術と相性が良い。
計略名のように速度を最大限に活かせる騎兵が中心となるが、兵種制限はなく、どの兵種でも移動速度が上がるのは優位に立てるので、大体どのデッキでも役に立つ。

武力は上がらないので安易な乱戦は勿論、騎兵の突撃や象の突進等も移動速度増加でやりやすくなっているが威力自体は上がっていないので、真正面からの激突も避けたい。
敵を上下左右に揺さぶりながら有利な形に持っていこう。