カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 於夫羅


武将名おふら軍場の荒鷲
於夫羅「懐かしき山河よ・・・・・・
   私は必ず取り戻してみせる」

遊牧騎馬民族・匈奴の右賢王。反逆者に自国を奪われ、帰る国を失った後も群雄割拠の時代を戦い、独立勢力を保った。黒山賊とともに袁術の陳留進出を支援したが、袁術が曹操軍に大敗すると、曹操に帰順した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器長槍術
計略孤軍戦法武力と征圧力が上がる。ただし征圧する領域が反転する
必要士気4
Illustration : ジョージ


スタンプキャンペーンのEXとして登場。

(Ver1.2.0C時点で)群雄二枚目となる武力8槍。
実は全勢力でもコスト2帯の槍で武力8征圧2を持ちながら知力3以上は希少だったりする。
将器は長槍術と速度×3で固定。群雄2コスト唯一の長槍術持ちであり、騎馬の牽制役には最適。

計略は士気4で武力+8、征圧+10。効果時間は7.5c程度。(Ver2.0.1B)
士気4で武力16というのは破格で超絶強化にも匹敵する。撤退しない漢の意地のようなもので、局所では実に強力。
ただし、効果中は征圧領域が反転し敵の征圧領域になってしまう。
征圧範囲は凄まじく、戦場の隅にでもいない限り内乱はまず取れない。
同じく大範囲を敵征圧領域にしてしまう計略には樊稠の捨陣の号令があるが
あちらは即座に征圧し返す事も可能なのに対して、於夫羅は効果時間中は征圧し返す事もできない。
せっかく敵を押し込んでも内乱はほぼ取れないし、計略単体で攻城に至るには攻城術もなくやや力不足。
寡兵の麒麟児や文鴦の超武力車輪の対応に慣れた人なら苦も無く対応できるだろう。
一見すると強力だが、使ってみると融通の利かなさに苦労する尖ったカード。

城際で使えば範囲の半分は戦場からはみ出るので優勢を取るのは厳しいが劣勢になりにくくデメリット部分を軽減できる。
こちらの内乱確定の時や、敵の高コストが攻城してきて内乱以上のダメージを受けそうな時等の瀬戸際防衛で使うのが無難。
ただしタイミングを見誤ると内乱を二回受ける羽目になる。内乱ゲージが2つ以上溜まっていると確実に塗り直してしまうので注意が必要。
ラスト9cで内乱ゲージ無しならデメリット無しで使えるが、いささか限定的。

計略は癖が強いが高スペックなので号令のスペック枠に採用したいところだが、群雄の号令は同じく癖が強いカードが多い。
安易に号令を使えない状況も多く、於夫羅の計略も裏の手として活躍させるにはかなり不安定。
士気は違えど単体でもコンボでもデメリット抜きで使用できる呂姫(乱戟)との使い勝手の差は物凄く大きい。
安定した号令が追加されれば日の目を見られるスペックであるため、今後のカード追加に期待したい。

反転はしているが征圧力そのものは大きく増加しているので、蜀の蒋琬の征戦の号令との計略相性はかなり良い。
上限が設定してあるらしく武力+9で打ち止めだが、一時的に武力24になるためぶつかり合いではそうそう負けないだろう。
混色かつ士気9使う上に、孤軍戦法自体の効果時間が長くないのが弱点ではあるが…。

使い勝手の悪い計略である為なのか、年月を追う毎に強化されている。
同コストのライバルのように上方修正の常連となるのであろうか...。

修正履歴

Ver.2.0.0D 効果時間延長 6.3c→7.5c
Ver.2.0.1B 武力上昇値増加 +7→+8