カードリスト / 第2弾 / / 蔡エン


武将名さいえん ぶんき禍乱の才女
蔡琰 文姫「・・・・・・琴の音色と共に
  父の遺した言葉が蘇ります」

蔡邕の娘。詩や音楽などに秀でた才女。都の混乱に乗じて侵攻してきた匈奴に連れ去られて、族長の側室にされるが、その才能を惜しんだ曹操により買い戻された。曹操の命で、蔡邕の蔵書400編を復元した際、誤字脱字は一切なかったという。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力8 征圧力1
官職-
特技伏兵 魅力 漢鳴
将器兵力上昇 士気上昇 速度上昇
計略飛天の詩【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い漢の味方の武力と移動速度が上がる 漢鳴3:さらに効果対象が漢の味方全体になり、必要士気が上がる
必要士気4
Illustration : 竜徹


二枚目の蔡琰が父親と同じ漢で登場。

さすがに魏のような「シュトヘル」とのコラボではない為、イメージ通りの知力偏重。
高知力・漢鳴とマッチした伏兵・魅力持ちだが武力は最低値の1。
総合的には優秀だが、漢鳴デッキの1コストは槍や唐姫が優先されやすい為、このカードを採用するなら、やはり計略目当てか。
戦力としては使いづらいため、将器を覚醒させるなら士気上昇が第一候補になるか。

計略「飛天の詩」は「天の鼓動」と同じく漢鳴レベルによって効果対象と必要士気が変わる特殊な計略。
漢鳴2までは士気4を使った投げ神速。漢鳴レベルによって武力だけではなく移動速度の上昇値も変化する。
漢鳴0で武力+3・速度1.3倍、漢鳴1で武力+4・速度1.4倍・漢鳴2で武力+5・速度1.5倍。
そして漢鳴3では士気6の速度強化号令になる。この場合武力+6・移動速度1.7倍となる。
効果時間は漢鳴レベルに関係なく7.5C(Ver1.2.0E)。
登場当初は漢鳴3は自身に効果が無かったが、Ver1.2.0Eにおいて範囲が調整され自身も効果を受けられるようになった。

漢鳴3時の威力は他の漢鳴計略の例に漏れず破格。
速度上昇効果のため、相手の槍を一方的に潰しやすく、騎馬の連続突撃も決めやすい。
ただし、それはしっかりと速度上昇効果を生かせた場合。
士気6としては破格とはいえ、漢鳴の大号令とは異なり武力上昇値は+6止まり。
漢鳴デッキの常として、前半に相手にリードを奪われやすいため、後半に逆転する必要がでてくる。

漢鳴の大号令と同じく試合をゲームメイクする戦略も必要だが、加えてプレイヤーのスキルも重要になる一枚。
本人が1コスのため、漢鳴の大号令や天鳴無双の裏の手として採用するのも一つの手か。

修正履歴

Ver.1.2.0C 【漢鳴3】範囲拡大
Ver.1.2.0E 【漢鳴3】範囲拡大(計略対象に自身が含まれるように調整)