カードリスト / 第2弾 / / 樊氏


武将名はんし
樊氏「仏頂面してないでさ、
 アタシの舞でも見て笑いなよ!」

趙範の兄嫁で未亡人。趙範が趙雲に降伏した際、同姓かつ同郷であることから、当時妻のなかった趙雲に紹介した。樊氏は中華一の色香の持ち主であったが、趙雲は「同族の兄は自分にとっても兄同然」と不義理を批判。結婚することはなかった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力3 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力 漢鳴
将器士気上昇
計略漢鳴の義兵【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い味方の兵力が上限を超えて回復する
必要士気4
Illustration : Nidy-2D-


旧作では他軍や群雄勢力に所属していた樊氏は、今回は漢軍で登場。
相変わらず趙雲とは同勢力になれないのは悲運…なのだろうか。

2/3/1と、1コスト弓兵で武力2を確保しながら魅力と防柵を持つ。
漢には似たようなデザインの唐姫がいるが、あちらは武力が1低く征圧力が1高い。
計略の回転率と序盤の脆さが課題の漢鳴デッキには両特技どちらも噛み合っている。
将器は士気上昇+緑緑緑で固定で、覚醒させればさらに計略の回転率に貢献する。

計略「漢鳴の義兵」は投げ回復計略で、漢鳴レベルに関係なく兵力上限突破効果がある。
回復量は漢鳴0で40%、漢鳴1で90%、漢鳴2で140%、漢鳴3で200%になる(Ver2.0.1B)。
なお、システム上合計兵力が200%を超えることはないため、
漢鳴2と3はある程度ダメージを受けてから使わないとややもったいない。
他の兵力上限突破計略は先打ちできることが強みだが、この計略を活かすには注意が必要。

兵力は上がるものの武力は上がらないため、相性がいいのは高武力の武将に限られる。
武力10の漢呂布、武力9の朱儁や関羽、攻城マシーンと化した張飛などとは好相性。
但し、計略的には武力上昇+回復の唐姫や武力上昇+武力ダメージ軽減の陳珪が優先されやすく、
であり、樊氏は若干難しい立ち位置になるのは否めない。無論使えないわけではない為この辺りはデッキ次第である。

ちなみに神速趙雲に計略を使うと台詞が変化する。
ただ、対象不問とは言え果たして勢力の違う趙雲と組ませる必要があるかは疑問だが…。