カードリスト / 第2弾 / / 劉姫


武将名りゅうき
劉姫「にひひ……
 いいこと思いついちゃった♪」

荊州刺史・劉表の娘。文人として名高い王粲に嫁ぐ予定だったが、王粲が風采の上がらない男だったため、容貌の優れた王凱の元へ嫁がされた。王凱との間には王業が生まれ、王業の子には玄学の創始者である王弼がいる。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力5 征圧力2
官職-
特技魅力
将器攻撃力上昇 兵力上昇 募兵
計略悪戯な転進漢の味方を一瞬で城に戻し、移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : 匡吉


父親を差し置いて参戦した劉表の娘。王粲が参戦しているからだろうか。

スペックは2/5/2で魅力持ちと1コストとしては優秀な部類。
漢軍の1コストは他にも優秀な武将が揃うが、大半は漢鳴か癖の強い計略持ちなのであまり差別化は気にしなくてもいい。
むしろ漢鳴無しの1コスト弓兵は計略の癖が強い袁煕を除くと揃って武力1なので、武力2を持つ彼女は意外と貴重。

計略は漢勢力では初となる転進系。また、速度上昇もオマケで付く。効果時間は8C。
範囲は自分中心円。劉姫を中心にまとまって進軍するのであれば全員を含めるのは難しくないが、
左右に大きめに広がって攻城している味方全員を助けるのは難しい…程度の大きさ。
また、漢軍しか転進できない点にも要注意。混色では使えない。

転進させた上で速度上昇のおまけがついてくる、と聞くと聞こえはいいが、純粋な転進計略の相場が
だいたい士気3であったところ、これは士気4を必要とするところがネック。
紫勢力で転進と言えば、過去作で猛威を振るったR田豊とのコンビ(いわゆる隙無き転進)が思い浮かぶが、
当時とは異なり、田豊の最大士気バック量と合わせても4の士気を必要とする、やや使いどころの難しいものとなってしまっている。
相手の使ってきた士気5以上の計略をやり過ごせれば確かに士気差が得られるが、
ラインを上げられた上に内乱をもらってしまう事は必至なので、トータルで得をするかどうかはよく考えるべきである。
隙無き攻勢も、相手の大型計略を誘う脅しや、ライン上げに使う計略としてはややパンチ力不足と言ったところ。
(ざっくりであるが、過去作の隙無き転進が全部隊武力+3、必要士気3であったのに対し、
今作で同じことをやると全部隊武力+2、必要士気4である(1.2.0D))

ただ、対戦相手が先走って法具込みのフルコンや大型計略を先に仕掛けて来た時に転進で逃げてやりすごす、
毒計略の重ね掛けを転進で治療して速度上昇で改めてラインを上げる、挑発計略を受けた時に転進して無効化する、
十分な城ダメージを取った攻城部隊を転進させ、相手の最後の反撃に備える、等、
転進計略である以上、使いどころさえ選べば活躍の場は必ずあるので、栄光デッキの1コスト枠に忍ばせておくには悪くない選択である。