カードリスト / 第2弾 / / 董承


武将名とうしょう
董承「この剣で・・・・・・
  ぎゃ・・・・・・逆賊を斬る!!」

献帝の長安脱出に貢献し、その側近となる。宮中で権勢を振るう曹操を恐れ、勅命を受け曹操暗殺に踏み出した。王士服や劉備などの同志を集め、傀儡となった献帝を救わんとしたが、計画が事前に露見してしまい、一族と共に処刑された。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力6 征圧力1
官職武官
特技漢鳴
将器長槍術 復活減少 征圧力上昇
計略漢鳴戦法【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がる
必要士気4
Illustration : チェロキー


献帝の曹操暗殺令に劉備を誘ったことで、ある意味劉備と曹操の決裂を決定的にした人物と言える。

数値スペックは征圧力0の武力枠を除けば全勢力見ても1コスト最高クラス。
しかも将器がどれも1コスト槍に求めたい牽制、回転力、征圧をそれぞれ補完する。
実質無特技のようなものだが混色のワラワラデッキのパーツにも採用できそうである。

計略の漢鳴戦法は強化戦法の漢鳴バージョン。
漢鳴レベル0で武力+3、レベル3で+12になる。効果時間約8c(Ver1.1.0A)。

ただ武力が上がるだけという効果に加え、本人が所詮1コストの武力しかないため、基本的に計略を使う事は無い。
彼の役割はもっぱらスペック要員としてのものになる。
ただし漢鳴を利用するデッキに入っている場合、いつの間にか漢鳴3になっているので
他の漢鳴レベルが高い味方が撤退した状況などでは使えなくもない。
元が1コストとはいえ、漢鳴3ならば武力15に到達するため半端な強化計略よりよほど強力。
敵対した場合は、主力の漢鳴計略持ちを倒したからと油断しないようにしよう。