カードリスト / 第2弾 / / 田豊


武将名でんぽう げんこう因果の知将
田豊 元皓「獄に繋がれようとも
  我が言を曲げることは致さぬ!」

袁紹に仕える参謀。博学多才で権謀に富み、沮授と並んで「袁紹軍の二大知将」と評された。公孫瓚との戦いでは、その知略を発揮して袁紹軍を勝利へと導いた。官渡の戦いでも度々献策を行ったが、剛直な物言いが袁紹に嫌われ、投獄された。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力4 知力9 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器復活減少 士気上昇 征圧力上昇
計略隙無き攻勢漢の味方の武力が上がる。さらに効果終了時に対象の味方部隊数に応じて自軍の士気が上がる
必要士気5
Illustration : タカヤマトシアキ


袁紹が彼の策を取っていれば自分は負けていたと曹操を安堵させた、主君に恵まれなかった天才軍師。

そのスペックは典型的な軍師タイプのもので、知力9の高威力の伏兵持ち。
だが低武力の歩兵、しかも制圧力が1なので戦闘、制圧ともに活躍しにくいのが厳しい。

隙なき攻勢は計略終了時に士気を回収する号令。
効果範囲は自身と密着した前方円でカード3枚分ほどの直径。
武力上昇⁺2、効果時間約9c、効果終了時に1部隊ごとに士気が⁺1される。
士気上昇は上限があるようで、多くの部隊を入れても上限は4まで(Ver1.1.0A)。

単純な号令としての士気効率は最低レベルで、士気のバックがなければとても使えない。
最悪でも士気2はバックさせてようやく目をつぶれる費用対効果である。
だが低い武力上昇値とやや長めの効果時間がなかなかに曲者。
下手に前に出すぎてしまうとこの号令を使用中に全滅し、士気を回収できない最悪の結果になりかねない。
特に殲滅力の高い騎兵単や超絶騎兵のいるデッキでは注意が必要。

やはり士気を参照する主君袁紹との相性が抜群に良い。
士気があっても栄光の大号令が撃てない場合にとりあえずこの計略で士気漏れを防いだり、しのいだりに使える。
序盤にこの号令を使って邪魔な柵などを壊しておき、栄光の大号令を決める下準備にも使いやすい。
また士気12から栄光の大号令を撃てばその後にこの号令を重ね掛けできる。
武力⁺10の号令では効果終了後も部隊は残っていることも多く、実質士気8で強力なフルコンも可能。

使いやすい場面は2つで、全軍でラインを上げる際に自城近くで先に撃っておき
相手の城際近くに到着する頃に効果を切れるようにする運用と他の号令とのフルコン時である。
敵を引き付けた状態、敵陣に入った状態で使う場合、その位置が深いほど撤退リスクも高まる。
この号令で無理攻めをするメリットは薄いので、単独での戦果は欲張らないようにしたい。

使う時の注意点として、この号令を使っても効果時間中に士気が約2強たまるということである。
最大効果の士気バックが得られた場合、確実に使用時よりも士気がたまった状態になるため
単純な士気漏れ対策として使っても、士気12当たりでこの号令を使った場合
部隊を落とすか効果中に他の計略を使わない限り確実に士気漏れが起こる。
士気漏れ防止のためにこの号令を一応撃ったものの、結局士気漏れを起こしたのでは意味がないため
意外に士気漏れ対策としての運用は難しい。
なるべく士気11に達する前あたりで撃つことを心掛けたい。