カードリスト / 第2弾 / / 曹操


武将名そうそう もうとく超世の傑
曹操 孟徳「世が乱れるほどに
 天が、わが心を揺り動かす・・・・・・!」

宦官の孫でありながら、賄賂などの汚れを嫌い、洛陽北部尉に任ぜられると違反者を厳しく取り締まった。武芸にも優れており、兵卒が反乱を起こした時には、曹操自身剣を振るって数十人を斬り倒し、残りの者は恐れをなしたという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職武官
特技魅力 漢鳴
将器攻撃力上昇 突撃術 速度上昇
計略天の鼓動【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がる 漢鳴3:さらに効果対象が範囲内の味方全体になり、必要士気が上がる
必要士気4
Illustration : 竜徹


若き日の曹操は漢軍所属。
立ち位置としては洛陽北部尉〜黄巾の乱辺りの彼だろうか。

スペックは魏の彼に比べればおとなしめで、スペックだけなら孫堅に劣るが
将器が全て騎兵にとって優秀なものばかりなので総合的な性能はなかなか。
孫堅とも役割が違うので、共闘することも多いだろう。

天の鼓動は通常は士気4の単体強化だが、漢鳴レベル3の時は全体号令となり必要士気は5になる。
漢鳴レベル3時は士気5で武力+5、効果時間は約15c。(Ver1.2.0D)
一応勢力指定は無いが、漢鳴ゲージを溜める効率が悪くなる為、他の漢鳴計略同様単色が望ましい。

漢鳴の大号令ほどの爆発力はないが士気5号令としては破格の威力・効果時間を誇る。
だが最大効果で使えるのは士気的に1試合に1回が限界なので、お膳立ての手間を考えれば使う時は確実な戦果を挙げたい。
なのでこの号令単独での使用より、最大効果でもこの号令に合わせて計略を重ね掛けする攻勢に適している。

最も効果的なのは、同じく漢鳴参照計略としては破格の効果を誇る漢鳴の大号令。
兵種的にも合わせやすく、士気対効果が破格の号令二つの組み合わせは仮に一つの効果を相手のフルコンで相殺されても
二つ合わせれば確実にこちらのパフォーマンスが上回ることを意味する。
Ver1.1.0A現時点で最大効果のこの2つを無傷で止められるコンボは非常に限られると言ってよいだろう。
Ver1.2.0Dで武力上昇量が1減少したものの、効果時間が倍近く増えた為、
コンボ相手の漢鳴の大号令が切れても、天の鼓動があと並の号令一回分ぐらいの時間残ってるので、
下手すれば法具と士気12全部使っても止めれない可能性すら出てくる。

だが漢鳴の大号令と天の鼓動のコンボは使う前に他武将で士気4〜5の漢鳴レベル上昇計略を3回使い、
それから号令2つで合計士気11なので、なかなかに試合の士気管理は厳しい。
魅力持ちを増やしたり、法具で士気上昇の宝玉を入れたりしてなるべく一試合で使える士気量に余裕を持たせたいところ。
士気漏れが起きた場合、コンボでの戦術自体が破綻しかねないので厳禁である。

レベル3が1回しか使えず、漢鳴の大号令などと比べ試合の決定力がないコンボ向けという性能と
漢鳴レベルを3回使い、漢鳴3計略とコンボして攻めるゲームメイクの難しさなどがあり、
総じて漢鳴デッキの上級者向けのカードと言える。


修正履歴

Ver1.2.0D 効果時間延長8c→15c 漢鳴2,漢鳴3時の武力上昇値減少:漢鳴3時+6→+5