カードリスト / 第2弾 / / 少帝


武将名りゅうべん
劉弁「こ、こわいよう・・・・・・
     母上ぇぇ・・・・・・!」

献帝・劉協の異母兄。霊帝の死後、何進の助けを得て即位する。しかし何進は宦官に殺され、宦官もまた袁紹らによって皆殺しにされるなど、周囲の争いに怯えるばかりだった。のちに弟の劉協が聡明なことを知った董卓により廃位させられた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力4 征圧力2
官職文官
特技防柵 漢鳴
将器遠弓術 防柵強化 守城術
計略漢王朝の悲鳴【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
最も武力の高い漢の味方の武力が上がる。さらに効果終了時に対象の味方の周囲が自軍の征圧領域になり、撤退する
必要士気4
Illustration : 鹿澄ハル


このゲームや横山三国志などでは子供だが、実は献帝より10歳近く年上だったとされる。

スペックは1コストとしては無駄がなく、征圧力も2で防柵持ち。
序盤に守りに徹する漢鳴デッキで柵の存在はありがたい。

計略の漢王朝の悲鳴は投げ強化。
漢鳴レベルで変化するのは武力上昇値と撤退時の征圧領域の広さ。
漢鳴レベル0で武力+5、撤退時の征圧領域自身の周り9マス。
漢鳴レベル1で武力+7、漢鳴レベル3で武力は+12
漢鳴レベル3での撤退の場合、小覇王の蛮勇での塗り効果よりも一回り大きく、戦場の約3割を塗れる。
効果時間は約6c(Ver1.1.0A)。

単体効果の漢鳴計略としては武力上昇値はトップレベルだが、効果時間が短い。
一応漢鳴0でも高武力にかければ武力13程度には達するので相手の攻めをいなすことには使えるが
小覇王の蛮勇西涼の乱のように移動速度が上がらないので戦場中央付近で使っても相手を逃しやすい。
城際で使うことで高い効果を期待できるカード。

効果時間が短く、速度が上がらないため漢鳴レベル3でも殲滅力や攻城にはつなげにくいので
漢鳴レベルをためる目的か、レベル1〜2で小出しに使うことを検討したい。
弟の献帝との相性はよく、朱儁など高武力にレベル1で漢王朝の悲鳴をかけ撤退後に献帝で復活させ漢鳴レベルを上げ
またレベル1で漢王朝の悲鳴という、撤退後の征圧効果も合わせて戦場を荒らすコンボが使える。
その場合、魏の丁氏などの士気上昇計略を組み合わせたい。

征圧効果も高レベルでは1試合に1回が使用の限界なので、やはり武力上昇値が高いことが売り。
漢鳴デッキにこだわらず、文醜などと計略を合わせて短時間の爆発力に期待するのもよい。
必然的に足並みが乱れるので号令デッキには向かないので、上手く場を荒らすことを考えて運用したい。