カードリスト / 第2弾 / / 淳于瓊


武将名じゅんうけい ちゅうかん凶猛都督
淳于瓊 仲簡「魂まで焦がす地獄の炎、
 キサマにも味わわせてやる・・・・・・!」

袁紹配下の猛将。もとは袁紹と同じ皇帝直属部隊「西園八校尉」の一人であったが、霊帝の死後、混乱から逃れて袁紹配下となる。官渡の戦いでは兵糧を守っていたが、許攸の裏切りにより曹操軍の奇襲を受け、敗北。袁紹軍敗北の要因を作った。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力2 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器知力上昇 長槍術 速度上昇
計略狂瀾怒濤武力が上がる。この効果は自軍の士気が多いほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに攻城力が上がる。ただし効果中に撤退すると自軍の士気が下がる
必要士気4
Illustration : lack


西園八校尉が一人、淳于瓊がその最期に併せてか2を踏襲してか包帯まみれの暗殺者のような姿で登場。
演義では宴会の最中に襲撃されたような不名誉な扱いを受けているが、大戦では一貫して正史よりの有能な武将として描写されている。
なお、義勇ロードでも登場していたが言葉通りの顔出しのみだった。

漢鳴無しとしては漢軍初となる武力6の槍兵。
一方で知力は2と低いが、代わりに征圧2。知力の低さは将器・知力上昇で補えるのでさしたる問題ではない。

計略・狂瀾怒涛(きょうらんどとう)は、現在溜まっている士気に合わせて武力が上がるもの。
士気4〜5で使った場合は武力+2だが、6・7で+3、8で+4、9で+5、10で+6、11で+7、MAXで使った場合は+10となる。
また、士気10以上で使用した場合は攻城力も上がる。
その攻城力の上がりっぷりや、城壁ですら2割以上、城門を殴ったものなら攻城兵かと見紛うようなダメージを叩き出す。

但し、効果中に撤退してしまった場合士気が下がってしまう。
…下がってしまうと書いたが、これは-1とか-2とか生易しいものではなく、-12。つまり撤退したら士気が0になる。
これが何を意味するかというと、士気12で先出ししたところにダメージ計略を撃ち込まれるだけで一気に5〜6もの不利士気差が発生する。
厄介なことに足が遅く傷つきやすい槍兵のため、瞬間ダメージ計略のみならず対漢マッチでも美女の毒牙や漢鳴の雷撃がガッツリ刺さる。
その為、計略中の淳于瓊が狙われて撤退しようものならまともに態勢を立て直すのが難しくなってしまう。

彼が入るであろう栄光デッキ攻城力に悩まされる傾向にある為、それを1部隊で引き上げるのは魅力的。
但し上記の通りリスクは莫大であり、本体は所詮中コスト槍である為撤退の危険性は相応に高い。
他の部隊や将器を最大活用しなければ、強みを活かすのは難しいだろう。

ちなみに、どちらも士気最大で撃ってナンボの計略である為か、袁紹本人とは微妙に相性が悪かったりする。
逆に漢鳴デッキとの相性は悪くない…のだが漢鳴デッキの1.5コストは激戦区なのでそっちの方面で難しい。