カードリスト / 第2弾 / / 朱儁


武将名しゅしゅん こうい漢の傑士
朱儁 公偉「蒼天の下に
 てめえらの居場所はねえッ!!」

後漢に仕えた武将。慎重ながら堂々とした用兵を称賛され、黄巾の乱が起こると皇甫嵩と共に各地を転戦。義勇軍を決起した劉備たちを配下に組み入れた。剛直な性格であり、董卓の専横に反抗して、独自に反乱軍を結成しようと試みたという。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器突撃術 復活減少 速度上昇
計略蒼天之嵐武力と移動速度が上がる。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫


横山三国志では劉備をいびる小物臭溢れるキャラだが実は優秀な将軍だった人。

スペックは張遼や馬超に匹敵する、武闘派の2.5コスト騎兵としては全勢力見ても最高級のスペック。
だが特技攻城というのが役割といまいち噛み合っていないのが残念である。

蒼天之嵐は騎兵強化。
武力+5に1.5倍速程度(連環の法で再突撃不能)の強化に自軍全員の漢鳴レベル上昇。
効果時間は約8c(Ver1.1.0B)。

計略に関して言えば超絶騎兵といえるほどのものではないが士気相応程度か。
やや強化された神速戦法程度の域を出ず、突撃ダメージアップがないため
レベル1〜2の孫堅の計略とも同等程度の威力に過ぎない。
特に連環の法でオーラがまとえなくなってしまうというのが非常に痛い。
騎兵単などなら一方的な展開に持ち込めるが、槍を向けられると弱く、移動速度低下妨害も厳しい。
何より漢鳴デッキが苦手な相手の序盤中盤の英傑号令を跳ね返せるような性能がないのが厳しい。

彼の計略の最も優れているのは「誰の漢鳴レベルもリセットせずに漢鳴レベルを上げられる」点だろう。
どうしても士気4の計略で漢鳴レベルを上昇させるとその計略使用者の漢鳴レベルは0になってしまうが
彼の計略の場合誰の漢鳴レベルを下げることもないので、後の計略の威力を下げることがない。
漢鳴参照計略の場合、レベル0は厳しいがレベル1や2でも十分実用範囲内になる計略もあるので
まず蒼天之嵐で漢鳴レベルを上げ、そこからレベル1からでも実用的な計略につないでいくような
最初に蒼天之嵐を使うことで、他の武将がレベル0で漢鳴計略を使わなくていいという流れを作れる点が優れている。

勿論スペック要員としても優秀で、劉焉などと違い騎兵のためデッキ構築がいびつになりにくい。
だが他の漢鳴計略よりやや士気は重く威力も控えめなので、あまり連発すると終盤の逆襲で士気が厳しくなる。
計略の使用は控えめにして、何か漢鳴レベル1か2で十分使えるような計略を仕込むのが吉だろう。