カードリスト / 第1弾 / / 蔡エン


武将名さいえん ぶんき激情の刻字
蔡琰 文姫「あした、わたしが死んでも消えない
       ・・・・・・それが文字なのか」「シュトヘル」より

後漢きっての才女で、書家・蔡邕の娘。父や董卓死後の混乱に乗じた異民族に連れ去られ、異郷で十二年を過ごした。その後、曹操のはからいで帰国。自身の生涯をつづった詩や、亡き父が遺した筆法は後世まで伝えられた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力3 征圧力1
官職-
特技勇猛 魅力
将器兵力上昇 攻城術 守城術
計略よみがえる悪霊武力が上がり、効果中に撤退すると復活時間が減少する
必要士気4
Illustration : 伊藤悠Character Voice : 柚木涼香


漫画家コラボカードであり、「シュトヘル」の伊藤悠先生が書いた蔡琰。
三国志では数奇な運命をたどった才媛であり、旧作では「蔡文姫」の名で何度もカード化されているが、 性能・セリフ・イラストはどうみてもシュトヘルそのものである*1

武力6の槍兵で勇猛と魅力持ちだが知力が3と、武力偏重ではあるが高スペック。
槍兵自体の選択肢が限られる魏では、チョイスされるケースも多いだろう。
征圧力は1と兵種を考慮するとやや低めだが、魏は盤面征圧を得意とする高征圧力騎兵が用意しやすいためカバーは難しくないだろう。

計略は自身の武力+4が8.3c持続し、効果中に撤退すると復活時間-25秒というもの。つまり生存時は強化戦法、撤退すると五斗米道になるといったところか。
撤退時間短縮と言う独自性はあるものの、そもそもコスト的にも武力的にも傷つきやすく消耗しやすい1.5コストの槍を、士気4を消費してまで早く復活させたい局面というのは少ない*2
将器にもあるように攻城や守城の捨て駒として使う際には役に立つかもしれないが、復活時間を除けばただの強化戦法なので士気に見合うかはよく考えよう。
この手の計略の常として、生き残ってしまうと逆に損してしまうので高武力相手の防衛など確実に撤退が見込まれる状況で使うのが望ましい。

同コスト帯には、満寵・郭嘉というライバルがいるが、武力の面、妨害計略と士気の軽い自己強化の点で、需要が見込まれるデッキは大きく異なる。
コスト比高武力を維持しつつ魅力で士気も稼げるため、魏以外でも開幕乙等の速攻で仕掛けるデッキなどでの活躍が見込める。
武力が低くなりがちな女性単デッキなどでは、最優先で採用される枠となるかもしれない。

将器はそこまで重要なものが無いため他の武将に回してもいいだろう。
覚醒させるのであれば生存確率が上がる兵力上昇が使いやすい。
もしくは、槍兵の攻城をねじ込むための攻城術が採用率が高い。

なお、宝玉【装】の復活減少を装着し、副将器が活x2以上の蔡琰が計略中に撤退すると、撤退後に即時復活する。
撤退カットインの次の瞬間に城内に蘇る様は、一見の価値有り。
第3弾で追加された文帝の覇道ともこの計略を使うと最短5秒(Ver.2.0.0C)で復帰できるため相性が良い。

登場バージョン

Ver.1.0.5B

修正履歴

Ver.1.0.5C 復活時間減少値増加 -15秒→-25秒
Ver.1.0.7B 武力上昇値増加 +3→+4
Ver.2.1.0D 効果時間延長 7.5c→8.3c

Menu

最新の20件

2019-10-23 2019-10-22 2019-10-21

今日の20件

  • counter: 40202
  • today: 6
  • yesterday: 21
  • online: 26


*1 ただし、なぜか胸囲だけは旧作ともコラボ元(さらしを巻いているとはいえ膨らみがはっきり分かる)ともかけ離れており、男と見紛うほど薄い。
*2 コスト2〜3の武将が撤退しているというのに、五斗米道がコスト1.5の武将にかかったときのことを考えてみよう。