カードリスト / 第1弾 / / 楊阜


武将名ようふ ぎざん
楊阜 義山「獅子を倒すため、
  私もまた獅子となろう・・・・・・!」

曹操のもとで涼州を治めた政治家。慎み深い性格だが、君主への諫言は遠慮なく行った。馬超の乱では千名の即席部隊を作り、激しく抵抗。一度は捕らわれるが緻密な計画を立てて挙兵し、重傷を負いつつも馬超の撃退に成功した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力5 征圧力1
官職武官
特技防柵
将器知力上昇 防柵強化 征圧力上昇
計略征知の教え魏の味方の知力と征圧力が上がる
必要士気3
Illustration : 池田宗隆


王異や王異の夫・趙昂と共に馬超を撃退させた人物。
三国志大戦2の時で初登場した自分と違い、裏面テキストに政治家と書かれつつも、【武官】扱いで一騎打ちをする点には注意。

計略は知力+5、征圧力+1を10c、魏軍全員に与える。(Ver1.0.7C)
知力が上がる計略なので計略コンボとの相性が良好だが、同勢力に同士気、同コストで仕込める愚鈍の計がある。
基本的に妨害・ダメージ計略は自身の知力を上げるよりも相手の知力を下げた方が高い効果・大ダメージが見込める仕様であり
妨害・ダメージ計略とのコンボは愚鈍の計の方が効果が高いので、この計略は号令などの自軍の強化計略とのコンボ向きである。
攻め時でダメージ計略の対策にもなるので、単体強化よりも全軍で一斉に攻める号令がコンボに適しており
彼がいることで許褚などの脳筋をパーツに入れるリスクを緩和できるので、魏の槍馬で組むデッキの自由度を上げられる。

征圧力上昇は素で使っても組み合わせ次第で征圧3〜4の騎馬が盤面を自陣色に塗り替えていけるため中々の脅威だが、
コンボとしては魏武の継承者と相性が良く、下がった征圧力を一時的に元に戻せるので征圧領域が劣勢時のカウンターで役に立つ。
また飛天の舞は自身の柵と合わせて相性がよく、短時間で各自征圧力1でも内乱ゲージを一旦止めるには十分な時間。
とは言えぶつかり合いと直接関係ない二つの能力を上げる為に士気3を使う必要があるかどうか見極めないと、無駄撃ちになってしまいがち。
元々魏は騎兵の機動力で征圧戦で遅れを取る場面が少ないので、征圧力が低下する計略の弱点のカバー向きの効果と言える。
こちらの征圧を広げるためよりも、こちらの内乱ゲージを止める目的での使用と考えた方が良い。

武力2柵槍はどの勢力でも稀少で、強化戦法では無い独自計略持ちは更に少ない。
またVer1.0.7B時点では魏の槍兵の低コスト枠で柵持ちが彼だけの為、魏単コスト1で柵が欲しい時に武力をさほど落とさずに仕込める。
柵槍とだけあって舞姫との相性も抜群。魏の舞は征圧力が下がるのが殆どなので、魏単で舞デッキを組む際には有力候補となるだろう。