カードリスト / 第1弾 / / 曹節


武将名そうせつ
曹節「・・・・・・お兄様。貴方は
 天に仇なすつもりなのですね」

曹操の娘で、曹丕の妹。曹家の権勢を増すために姉妹と共に献帝に嫁ぎ、やがて皇后の座についた。父の跡を継いだ曹丕が禅譲を迫ると、献帝の側について抵抗したが、もはや抵抗が無意味と悟ると玉璽を投げつけて涙を流したという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力5 征圧力1
官職-
特技魅力
将器征圧力上昇
計略帰城の勅命敵を強制的に敵城方向に向かっていくようにする
必要士気4
Illustration : 春夏冬ゆう


テキストは正史の振舞いだが、演義では献帝に三下り半をつきつけた曹操の娘。

スペックは平均的なのだが槍のスペックが貧弱な魏では、コスト1槍として使いやすいステータス。

帰城の勅命は範囲内の敵を敵城の方向に強制的に移動させる妨害計略。
効果中に敵が敵城エリアまで到達すると帰城する。
効果時間は同知力に3cほどで知力依存はあまり高くない模様。(Ver1.0.7D)
こちらの城際で使うと槍兵なら通常速度で戦場中央付近まで行った辺りで効果が切れる。
範囲は自身前方のカード二枚分弱の範囲の正方形。

主な使い方は二種類。
まず、攻城時に攻城妨害部隊に使って帰城させ、強引に攻城をもぎ取っていく使用法。
特に、高コスト槍兵を城門にねじ込んだ時、攻城兵が城に張り付いている時など、重い一撃を叩き込みたい際には、非常に有用。
ただし、相手も城内ローテーションなどで、別の部隊を城内に待機させていると、攻城に繋がらない場合もある。

もう一つは、牛歩の計のように、移動妨害計略として時間を稼ぐ方法。
天下無双・飛のような短時間の強化、漢の意地のような撤退デメリットのある強化、槍兵のような鈍足な相手などには特に、
距離を取って満足な戦果を挙げられないようにさせることができる
牛歩の計と比べると、「士気が安い」「本人のコストが低くデッキの隙間を埋めやすい」「移動を強制するので弓兵にもそれなりに有効」といったメリットがある。
槍兵については、必ず後方を向くので、迎撃を恐れずに突撃を決められる点も嬉しい。
一方で、計略範囲が前方固定で、方向転換できないというのは、決して小さくないデメリット。
曹節の位置取りを考えないと、柔軟な対応がしづらい。
また、自身との間に多少の隙間があるため、大水計などと同じく完全にこちらの城に貼りつかれてしまった敵は、範囲に収めることができない。
守りの際には早めに打つことが求められるが、挑発のように迎撃を取れるわけでもないので
相手が士気を使わないうちにこの計略を使っても相手に士気差をやってしまう展開になりやすいので注意。

相手に上手く使われると、攻城・攻城妨害の計算がかなり狂ってしまうので、
相手デッキに曹節を見かけたら、ある程度部隊を散開させた展開を意識する事。
前述のように、範囲が狭く計略方向が限定的なので、複数部隊を巻き込まれないようにするだけでも、相手は使用をためらうだろう。
コスト相応とは言え、武力2の槍なので、素早く懐に飛び込みんで早めに排除したいところ。