カードリスト / 第1弾 / / 周宣


武将名しゅうせん こうわ
周宣 孔和「こ、この兆しは・・・・・・まさかっ!?」

夢占い師。曹丕の夢を占い、甄氏が冤罪で死を賜ることや、曹植が処刑されかけていることを言い当てた。占いは十中八九的中し、また実際に見た夢でなくとも、夢であると言えば兆しを読むことができたという。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力3 知力4 征圧力2
官職文官
特技-
将器捕縛術 速度上昇 攻城術
計略当たるも八卦!最も武力の高い味方の武力と征圧力がそれぞれランダムで上がる
必要士気4
Illustration : 西川大貴Character Voice : 祐仙勇


本人は到って真面目なのだが、占いのパワーによる風圧で何とも情けない表情にされてしまった、三国時代を代表する占い師の一人。
何故か猿まで飛ばされそうになっている。さんぽけ版は更に酷くなっており、ある意味一見の価値有り。

スペックは高めだが兵種アクションのない歩兵で、張梁や波才と比べると戦闘力は控えめ。
だが征圧力2を持つコスト1歩兵は張角に次いで2人目で、なおかつ武力3は彼ひとりしかいない。
魏のコスト1は騎兵以外の兵種は非常に層が薄く、騎兵以外の同コストで武力3は彼含めても3枚しかなく、同コストの征圧力2もなかなか希少。
特に騎兵のために槍を消す槍兵に武力3は一枚もいないため、槍兵の代わりに槍消し要員にしてもいいかもしれない。
魏の単色であればワラワラデッキのパーツとしても優秀な部類に入る。

当たるも八卦!は武力と征圧力をランダムで上げるという投げ計略。
武力上昇は+2〜+7の間で、征圧力は+1〜+2程度の振れ幅を確認。
二つの上昇値に関連性があるかは不明で効果時間は約7.5c(Ver1.0.5D。要検証)

孫呉の戦のような長時間計略ではないのでメインは武力上昇と考えるべきだろう。
征圧力上昇を考えれば武力+4以上で何とか強化戦法以上の効果が得られてギリギリ費用対効果が得られるか。
武力+7を引ければ破格の効果であるが、+3以下を引けば士気4の効果としては非常に厳しい。

魏には投げ計略は他に殿、私の馬を!や飛天の旋律があるが、こちらは移動速度は上がらず征圧力が上がる。
撤退リスクはなく自身のスペックもそれなりで飛天の旋律よりは高い武力上昇がほぼ見込めるので、やや不安定だが使えないこともない。
また、重ね掛けも可能なので運が良ければ大きな爆発力を得られる可能性もある。

基本はワラワラデッキなどのパーツとして扱い、いざという時に計略を投げてみるのもいいかもしれない。
また、巧遅の乱撃などに単色でコンボする相方としては、効果は安定しないが自身が撤退しない分悪くないか。

登場バージョン

Ver.1.0.5D