カードリスト / 第1弾 / / 司馬懿


武将名しばい ちゅうたつ雌伏の狼
司馬懿 仲達「我が策が戦場を動かし、天下を塗り替える」
曹操に才能を見出され、かつ恐れられた武将。激情を巧みに隠す用心深さにより、曹丕の側近になると共に軍略の才能も発揮。漢中を巡る争いや樊城の戦いで功績をあげた後、諸葛亮の北伐では魏の総司令となって激戦を繰り広げた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力5 知力10 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 突撃術 征圧力上昇
計略攻守自在魏の味方と敵の部隊数に応じて効果が変わる
魏≧敵:魏の味方の武力と征圧力が上がる
魏<敵:敵の武力と征圧力を下げる
必要士気6
Illustration : 五十嵐睦


北伐を進める諸葛亮の前に幾度となく立ちはだかった最大の宿敵。
イラストレーターも諸葛亮と同じ人が担当している。

諸葛亮と互角の戦いを繰り広げただけあって知力10に伏兵持ち。
しかし武力はコスト2にして僅か5であり殴り合いはかなり厳しい。
また地味に号令持ちにも関わらず、史実で悪役を演じることが多いためか魅力が無い点にも注意。

将器は伏兵・計略効果を上げられる知力上昇、単体での戦闘能力を高める突撃術に加え、
Ver1.0.5D現在、素の征圧力2の騎兵で唯一の征圧力上昇がある。
やや突撃術が実用性に劣るが武力の低さを補う最低限の役に立つので、将器はどんなデッキでも覚醒させて損はないだろう。

攻守自在は範囲内の敵と味方の数に合わせて号令か妨害に変化すると言う、ライバル同様変わり種の計略。
マップ上での計略エリアは自身前方円で自身と密着しているが、司馬懿自身は計略対象の範囲外。
効果範囲自体はそれなりに広めで、カード直径3枚分となっていて、特に妨害計略としてみた場合は十分な広さ。
味方の数が多いか敵と同数だと号令となり武力+5・征圧力+1となる。効果時間は9.8c(Ver1.0.5A)。
敵の数が多いと妨害となり武力-5・征圧力-2となる。こちらは知力9に9.5c、知力7に10c程(Ver1.0.5A)知力依存は低めの模様。
自身は範囲外なので、味方への2度掛け・敵への2度掛け・敵味方に1度掛け等の使い分けも可能。
なお、味方の武将でカウントされるのは魏限定である。

稼動初期は号令、妨害共に武力の変動値が英傑号令と比較して低く、更に計略範囲が狭く使いにくかったが、
バージョンアップの度に強化され続けようやく両者とも英傑号令と互角の変動値を手に入れるに至った。
ただ、それでも号令はコスト2の自身を範囲に含めないため、実質的にはコスト6枠分の強化に過ぎず、
自身の武力がコスト1.5並みの低さである事から、英傑号令クラスの全体強化相手と同タイミングでぶつかり合った場合、押し勝つのは容易ではない。
また、ラインの上がった状態や守城で打つとせっかくの征圧力上昇の効果が死んでしまう。
他の号令よりも効果時間が長いことを活かし、相手の号令を凌いだ上で残った効果時間でカウンターを仕掛けるといった使い方になるか。

妨害計略は度重なるバージョンアップにより効果範囲がかなり広くなったことに加え、
計略効果・時間が英傑号令の効果を相殺出来るほどの威力があるため非常に強力。
号令デッキなど、ある程度部隊が纏まって攻めるようなデッキ相手には3〜4部隊程度ならすっぽり入れられるほど。
征圧力-2という効果は一部のカードを除けばほぼ盤面を塗れなくなる効果であるため、優勢状態を維持したまま攻め込んだり
防衛時に内乱発生を防ぎながら守り、カウンターに繋げるような使い方が理想的。

どちらの効果を使うにせよ司馬懿の武力不足をどう埋めるかが一番の課題。
征圧力上下の効果が直接戦闘と関係無いので、武力以外の追加効果で補える諸葛亮の八卦の軍略以上に、本人の戦闘力の低さが効いて来る。
他をスペックの高いカードで固めたりするなど工夫は必要だろう。