カードリスト / 第1弾 / / 司馬懿


武将名しばい ちゅうたつ雌伏の狼
司馬懿 仲達「我が策が戦場を動かし、天下を塗り替える」

曹操に才能を見出され、かつ恐れられた武将。激情を巧みに隠す用心深さにより、曹丕の側近になると共に軍略の才能も発揮。漢中を巡る争いや樊城の戦いで功績をあげた後、諸葛亮の北伐では魏の総司令となって激戦を繰り広げた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力5 知力10 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 突撃術 征圧力上昇
計略攻守自在魏の味方と敵の部隊数に応じて効果が変わる
魏≧敵:魏の味方の武力と征圧力が上がる
魏<敵:敵の武力と征圧力を下げる
必要士気6
Illustration : 五十嵐睦


北伐を進める諸葛亮の前に幾度となく立ちはだかった最大の宿敵。
イラストレーターも諸葛亮と同じ人が担当している。

攻守自在は範囲内の敵と味方の数に合わせて号令か妨害に変化すると言う、ライバル同様変わり種の計略。
効果範囲は自身を含まない直径5マス程度の回転可能な前方円で
味方の数が多いか敵と同数だと号令となり武力+5・征圧力+1となる。効果時間は9.8c(Ver1.0.7A)。
敵の数が多いと妨害となり武力-5・征圧力-2となる。こちらは知力9に8c、知力3に9c程(Ver1.0.7A)と知力依存は低めの模様。

諸葛亮と互角の戦いを繰り広げただけあって知力10に伏兵持ちだが武力はコスト2にして僅か5であり殴り合いはかなり厳しい。
また地味に号令持ちにも関わらず、史実で悪役を演じることが多いためか魅力が無い点にも注意。

稼動初期は号令、妨害共に武力の変動値が英傑号令と比較して低く、更に計略範囲が狭く使いにくかったが、
バージョンアップの度に強化され続けようやく範囲・武力増加量ともに英傑号令と互角の変動値を手に入れるに至った。
ただ、それでも号令はコスト2の自身を範囲に含めないため、実質的にはコスト6枠分の強化に過ぎず、
自身の武力がコスト1.5並みの低さである事から、英傑号令クラスの全体強化相手と同タイミングでぶつかり合った場合、押し勝つのは容易ではない。
また、ラインの上がった状態や守城で打つとせっかくの征圧力上昇の効果が死んでしまう。
他の号令よりも効果時間が長いことを活かし、相手の号令を凌いだ上で残った効果時間でカウンターを仕掛けるといった使い方が主になる。

状況によっては敵部隊への妨害計略を使った方が味方部隊にかける時よりも高い成果を出せる。
知力依存が低い故に相手の知力にあまり関係なく、8c前後と並の号令よりは持続する効果時間と、英傑号令と同じ値の武力低下量を持つ。
更に征圧力-2の追加効果と妨害計略の中では広めの範囲も有り、相手が号令をかける為にまとまった隙を突けば全員に計略効果を行き渡らせる事ができる。
ただし移動速度や知力の低下はない為、相手が武力+6以上の号令や移動速度も上がる号令・超絶強化を使ってくれば結局は押し負けてしまうことが多い。

「攻守」自在という計略名のように、味方掛け・敵掛けどちらかだけでなく、味方掛け・敵掛け両方とも意識し、
今の状況でどちらを使えばより効果が出せるかを意識しながら使い分ける、大戦に慣れた人向けの計略を持つカードである。


余談だが妨害に征圧力低下がついてる為、征圧させる領域を反転させるとは相性が悪い。
征圧力-2は殆どの武将の征圧力を0にしてしまうので、反転させる為の征圧力がなくなってしまう。攻守の効果時間が長めなのもまた相性が悪い。
と組む際は、間違っても攻守敵掛けと翻意のコンボをしないように注意しなければいけない。

コンパチブル武将

Ver.1.2.0D EX(LE)司馬懿(復刻武将)