カードリスト / 第1弾 / / 虞氏


武将名ぐし
虞氏「下賤の者が……
  腹立たしいですわーッ!!!」

曹叡の妻。名家の出で、気位が高かった。若くから曹叡に嫁いでいたが、曹叡の皇帝即位後に皇后に立てられず、激怒。たびたび卞氏に慰められたが、その後も「曹家の人々は下賤の者を好む」と詰り続けたため、曹叡に遠ざけられた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力2 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 突撃術 征圧力上昇
計略飛天の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
味方の移動速度が上がり、征圧力が下がる
必要士気5
Illustration : オーミーCharacter Voice : 上坂すみれ


逸話通りの状況に陥ってヒステリーを起こしている曹叡の嫁が、大戦初登場。

スペックは1コストである事を見ても最低クラス。一応武力が最低の1を回避しているのは評価点か。
女性武将である為魅力持ち。舞計略持ちの中では珍しく戦闘面でもそれなりに活躍できるスペックを持つ。
ただ舞い持ちでありながら知力2である点は痛く、妨害・ダメージ計略への耐性はほぼ無いと見ていい。

将器は舞い重視ならば兵力上昇が第一候補だが、本カードは舞わない場面も多々あるので
低武力騎馬ほど恩恵の高い突撃術や、色塗りがしやすくなる征圧も覚醒の価値があり、舞姫としては珍しい傾向である。

計略「飛天の舞い」は味方全員の移動速度を2倍にし、代わりに征圧力を下げる舞い計略。
旧作と違い移動速度上昇と征圧との相性が良すぎる為かデメリットが付加されている。
Ver1.0.5Aから征圧力が-2に変更され、舞っている最中はほぼ塗り替えることが不可能になった。
征圧力3以上の武将は少なく、かといって征圧力3以上で脇を固めるとデッキパワーが落ちる為、
基本は征圧関連は諦めるか、征圧力3以上1枚に絞ってしまってよい。
また2倍速が災いして攻城兵以外は全て迎撃対象になってしまう。その攻城兵も自軍征圧領域上では槍より速いため刺さる。

移動速度を活用するのであれば騎兵を重視したくなる。
が、彼女が所属する魏は「神速の大号令」「刹那の神速号令」と騎馬の移動速度には困らないのが難儀。
無理せず他の兵種とバランスを取りつつデッキを組むと良いだろう。

Ver1.1.0にて一度内乱ダメージを受けると征圧がリセットされるようになったが、彼女の舞いはその恩恵を受けた一枚。
元々圧倒的な速度差で相手はラインを上げにくいこともあり、内乱発生後に再度塗りなおすことはなかなか難しいため、
こちらが受ける内乱発生回数が減少し、速度が速いが攻城を取り返せないという弱点が緩和した。

上手く動かさないと味方が刺さりまくって阿鼻叫喚の地獄絵図と化すので、その速さを制御するハンドスキルが必須なのは初代からの伝統か。
良くも悪くも使用する君主の腕が大いに試されるカードである事は間違いではない。

なお、時間を要するが、荀氏の魅惑の笑顔が育っている状態だと征圧-2が無視できるほどの特大征圧円になり、
征圧力低下と移動速度低下という互いのデメリットを打ち消し合うので高いシナジーを誇る。
ただ、実質2コストが戦力外になる上に飛天+笑顔で士気10消費である為、どちらかと言うと浪漫コンボである。

第3弾では1.5コスで将器込み征圧4になれる曹宇(謙虚なる司令)が追加。
飛天中の色塗り役&号令要員として味方をサポートし、特に前者は飛天中でありながら(相手次第で)征圧戦も圧倒とこれまでの常識を覆す運用が可能となった。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

Menu

最新の20件

2019-12-12 2019-12-11

今日の20件

  • counter: 37589
  • today: 16
  • yesterday: 19
  • online: 116