カードリスト / 第1弾 / / 許チョ


武将名きょちょ ちゅうこう虎痴
許褚 仲康「曹操さまに近づく奴は
   みんなぶっ飛ばすぞお〜!」

曹操の親衛隊長。元は農民の出だが、典韋との一騎打ちで曹操に見込まれ、軍に迎え入れられる。頭の回転は鈍いが怪力と忠義の持ち主で、曹操の危機を何度も救った。潼関の戦いでは、眼光だけで馬超の動きを止めたという
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力1 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器長槍術 防柵強化 速度上昇
計略挑発敵を自身に向かってくるようにする
必要士気4
Illustration : 長澤真


曹操の2代目親衛隊長。
本作では懐かしの「1」を思わせるスペックでの登場となった。

槍が苦手な魏にもかかわらず武力9を持つ。
その反面知力は1しかない為、伏兵耐性・計略耐性は無に等しく有利・不利が出やすい。
親衛隊と言う事からか防柵持ちだが、高い武力に反して勇猛は所持していない為不意の一騎討ちで落とされないようにしたい。
将器は高武力の槍撃を押し付けやすくなる長槍術が最も無難か。

計略「挑発」は知力1故に効果時間はかなり短め。知力9に1.5c、知力1に2.5c。
一応範囲内の距離であれば迎撃を取れる程度の時間は確保できる。
特に槍の国・蜀ですら渇望する武力9の強制迎撃ダメージは、相手の(特に速度上昇)騎兵への大きなプレッシャーとなる。

ここまで極端な脳筋だとダメージ計略に弱く、彼一人落とされただけでも戦力が大きく削がれてしまうが、
所属勢力のおかげで反計の恩恵を受けられるという強みがある。
後出しで対応する復活・浄化と違い計略の発動自体を防止する反計は、低知力武将を敵計略から守るには最適の計略。
そのおかげで他勢力の脳筋武将よりは若干優遇されていると言えるだろう。

問題は重い・遅い・脳筋の3拍子揃ってしまっているスペック。
特に魏と言うお国柄、2.5コストは優秀な騎兵が揃いに揃っており、スペックが極端すぎる彼は居場所に悩んでいる。
加えて武力9の槍と言う独自性ですら曹彰(剛腕)の登場で潰される始末。