カードリスト / 第1弾 / / 趙雲


武将名ちょううん しりゅう長坂一騎駆け
趙雲 子龍「胸中の珠を守るため……
 趙子龍、戦場を一騎駆ける!」

蜀の武将。義勇軍を率いて公孫瓚のもとにつく。公孫瓚を同時期に頼っていた劉備と出会い、後に従った。劉備の護衛として数々の戦場を回り、長坂の戦では単騎で劉備の子・阿斗を救い出す活躍をみせた。勇猛で冷静沈着な武人の鑑であった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技復活
将器兵力上昇 突撃術 速度上昇
計略神速戦法武力と移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : タカヤマトシアキ


劉備に「一身これ胆なり」と評された勇将で五虎将の一人。
イラストでは逸話通り阿斗(後の劉禅)を抱きかかえている。

スペックはバランス型。
コスト2のアタッカーとしてはやや武力が寂しいが、その分征圧力2と特技復活の回転力を生かす形となる。
蜀のコスト2騎兵にはVer1.0.0Fでスペックの高い関興が追加されたが、住み分けは十分に可能。
とは言え基本は生存性高めの騎兵である為、特技復活はある程度保険と割り切ってしまった方が良い。

計略も使いやすい神速戦法
武力10の神速騎兵は迎撃さえ受けなければ高コスト武将であっても一方的に排除しうる。
征圧力2を活かして盤面を一気に塗り替えてしまうこともでき、使い勝手は上々。

計略の神速戦法特技による復活時間の短さ、そして征圧力2の組み合わせが、7/6というカード数値以上に噛み合っており、
高機動力の神速騎兵が、幾度も戦場に舞い戻って、戦闘に、盤面征圧にと戦場を縦横に駆け回る姿は、敵にしてみれば鬱陶しいことこの上ない。
また、将器効果もどれも直接戦闘力を上昇させるもので使いやすいものばかり。
火力不足と感じるなら突撃術や速度上昇、武力7が脆く感じるなら兵力上昇の将器を狙いたい。
主力としての交戦、盤面の征圧、そして捨て駒覚悟の場荒らしや殿軍など多彩に機能する、まさに趙雲のイメージにぴったりの万能カードである。

欠点としては五虎将の中で唯一勇猛が無い事で、うっかり一騎討ちを起こした場合は注意。
穴のない能力を活かし単色はもちろん混色でも活躍を見せる勇将。

が、現環境ではあまり振るわない様子。
同コストに関興・馬姫・花麗関索、コストを0.5下げると娘である趙氏までおり、それぞれが強力な強みを持つ。
前述の通り万能な武将ではあるのだが、逆に器用貧乏と取られてしまうようである。

修正履歴

Ver.1.0.0D 計略効果時間短縮
Ver.1.0.0F 効果時間に対する知力依存度低下 武力上昇値減少
Ver.1.1.0C 武力上昇値増加