カードリスト / 第1弾 / / 糜竺


武将名びじく しちゅう
麋竺 子仲「財貨より価値あるもののため……
 持てるすべてを、お捧げします」

蜀の文官で、糜芳の兄。はじめ陶謙に仕え、劉備を後継者にするため尽力した。裕福な家の出で、呂布によって劉備が拠点を失うと、私財を投じて援助した。放浪期も劉備を支え続け、後に諸葛亮を上回る官位を与えられるほど、感謝されていた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力7 征圧力2
官職文官
特技-
将器長槍術 復活減少 同盟者
計略車輪の伝授最も武力の高い味方の槍兵の武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : 松野トンジ


主に財政面で劉備を支えた元勲の一人。
特技はないが2/7/2という高めの数値スペック。
そして使い勝手のいい計略である車輪の伝授を持つ。

計略は士気3で武力+5の車輪が8.5c続き(Ver1.0.7B)、蜀の誇る高武力槍に投げれば費用対効果が高い。特に騎兵に対して優秀。
基本的には城に辿りついた高コスト槍兵に攻城させたいときの一押しとして使うのが有効。
関羽や張飛が城に張りついて車輪状態になれば、相手はなかなか排除しにくい。
とはいえ、同じく騎兵の牽制ができる槍兵がコスト1とはいえ落ちてしまうのは痛し痒しでもある。

この計略の強みは騎兵対策に有効な車輪を槍兵なら誰にでも付与できる点にある。
武神の大号令八卦の軍略などの号令に重ねて、突撃から守りながら攻城できるのは強力。
号令以外だと李厳の無知の勇とのコンボなら合計士気7で武力19の車輪を生みだせるので一つの戦略になる。
超絶強化への対策としては夏侯月姫や諸葛鈴もいるが、特に騎兵が苦手な場合はこちらを入れるとよいだろう。

効果は勢力を問わないので混色も有効。
計略時間の長さを活かして攻城を狙いたい王異や董卓(滅葬の魔王)、撤退で追加効果が発生する悲哀の舞い計略コンボで隙がなくなる紀霊や武力ではまず落とせなくなる甘寧など、相方候補は豊富。

ちなみに、Ver1.0.5Dで関銀屏の目覚め条件が14→13に緩和されたため、この計略を関羽などの武力9に投げれば若き血の目覚めが使えるようになった。
Ver1.0.5現在、彼の計略は奮激の伝授(対象に武力9必須)に並び、最小士気3で関銀屏を目覚めさせられる計略である。