カードリスト / 第1弾 / / 雷銅


武将名らいどう
雷銅「ったく、まどろっこしい!
   雷みたいに速く激しく戦えぇッ!」
元は劉璋配下で、呉蘭と共に呉懿の副将を務めて劉備軍を迎撃したが、敵わず降伏した。劉備配下となってからも呉蘭と共に軍を率い、漢中攻防戦で活躍。張飛と共に張郃を撃退して、さらに猛烈な追撃をかけたという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器知力上昇 長槍術 城門特攻
計略落雷いずれかの敵に雷によるダメージを3回与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気6
Illustration : 松野トンジ


呉蘭の相方。
「雷」銅だからか台詞にも雷の如く神速を貴ぶ気概が見える。その繋がりなのか計略も「落雷」。
しかし台詞に反して将器に速度上昇を持ってこないとはいかがなものか。

性能はコスト比最高武力に征圧力2と優秀な部類。
彼の特筆すべき点は将器の知力上昇で、これを覚醒させる事で6/6/2とコスト1.5の中でトップクラスの数値スペックとなる。
知力が上がることにより落雷の威力が上がり、使い勝手が大幅に向上と非常に相性が良い。
蜀のコスト1.5槍は層が厚いがその中でも特に光る一枚であり、計略要員とスペック要員を兼ねられる隙のない一枚。

強いて弱点を上げるなら、どうしても将器ありきの採用になってしまう事と、将器の力を借りても計略に決定打となるほどの威力は無いこと。
現在の落雷は知力6でも相手の知力3を確殺はできない。(Ver1.0.5C)
将器を覚醒させずに士気12使い雷6本落とすと、知力5は落とせるが知力6は落とせない、8割ほどは減る(Ver1.2.0D)
それなら素直に徐庶を採用して将器を高コスト武将にまわすということにもなってしまいがち。

知力上昇で破格のスペックにはなるとはいえ相手のデッキ次第では他の武将に将器を譲った方がいい場面もあるので、
その場合は武力6であることを最大限活かし、計略に頼らない立ち回りを意識したいところ。

修正履歴

Ver.1.0.0D ダメージ減少、効果範囲縮小