カードリスト / 第1弾 / / 馬超


武将名ばちょう もうき錦の獅子
馬超 孟起「錦馬超が槍、貴様らには折れんっ!!」

蜀の武将で、馬騰の長男。父を殺した曹操と戦い「錦馬超」と称される武勇で苦しめるも、敗れて張魯を頼る。しかし讒言によって居場所を失い、劉備軍に降った。馬超の存在は益州・涼州に強い影響を与え、蜀の建国に大いに貢献した。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 城門特攻 速度上昇
計略白銀の獅子武力と移動速度と突撃ダメージが上がる
必要士気6
Illustration : 風間雷太


西涼出身・五虎大将軍の一員である馬超。
実は劉備に仕えていた時期は10年にも満たないのだが、この辺はご愛敬である。

Ver2.1.0B時点に至るまで蜀唯一の武力9騎兵(ST・コンパチを除く)。
更に知力5・征圧力2に加え五虎将の名に恥じぬ勇猛持ちと、武力型としては申し分のないスペック。
将器は武力9騎兵唯一の兵力上昇に加え、突撃頻度・征圧速度を上げる速度上昇が揃う。
一方で城門特攻は計略や役割と噛み合わず使いにくい。上記二つから選ぶべきだろう。

計略「白銀の獅子」は初代から続く馬超固有計略。
武力+3・移動速度1.7倍・突撃ダメージ+15とこれでもかと言う程騎兵と相性が良い要素を持つ。
効果時間は5.8C(Ver1.2.0E)。

計略中の突撃の火力は言わずもがな。相手が突撃状態か超高武力でもない限り突撃2~3発あれば軽く沈める火力を誇る。
突撃ダメージアップは単純な武力上昇やこちらの武力低下で防げないので上手く使えば英傑号令も跳ね返せる力がある。
とは言えこれ自体も士気消費6と重い。その上武力上昇が低いので突撃できない場面ではまったく費用対効果に見合わない。
「連環の法」を掛けられてもでオーラを纏えるとは言え、突撃回数が減る速度低下が他の超絶騎兵よりも痛いことに変わりない。
特に守りで使う場合、しっかり槍で牽制されたり車輪法具を仕込まれたりするとなす術がなく、ワントップの場合それが顕著。
効果時間もさほど長くはないので、強力な反面使いどころを選ぶ計略であり、これ一本に頼りきりになると対策されやすい。

幸い蜀は低コストでも高武力になれる計略や馬超に投げる優秀な投げ計略が存在するため、
ワントップデッキでもこの計略が使えない時に便利な計略を仕込みやすい。
突撃が出来ない状況でも働けるようにそれらの計略を仕込んでおいた方が安定感が増すだろう。
ダメージ計略対策にも白眉の教授や質実の教授がある。

ちなみに稼動直後の計略効果は武力+5・移動速度2.3倍・突撃ダメージ+25と言う凄まじい性能。
さすがに強すぎた為かバージョンアップで全性能を引き下げられ、現在は往年程の火力は出ない。
それでも、使いどころを間違えなければ強力な計略である事は間違いない。

蜀の他の高武力騎兵が軒並みイマイチな現状もあり、稼働から長き時を経た現在に至るまで蜀の屋台骨を支え続けている。
史実では蜀入り後に活躍の機会に恵まれぬまま死去した事を考えると幸せな状況と言えるかもしれない。

修正履歴

Ver.1.0.0D 突撃ダメージ減少
Ver.1.0.0F 武力上昇値減少 移動速度上昇値減少
Ver.1.0.7B 移動速度上昇値上昇