カードリスト / 第1弾 / / 張飛


武将名ちょうひ よくとく万人敵
張飛 翼徳「燕人張飛と戦いてぇなら
  万人連れて出直してこい!!」

劉備、関羽を兄と慕い、挙兵時から常に従った。一騎で万人に匹敵すると称される武勇と、数十万の大軍にも気後れしない胆力を持ち、長坂の戦いでは一騎で曹操軍を後退させた。大酒飲みとしても有名で、酒による失敗も何度かあった。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 長槍術 攻城術
計略雷槍・丈八蛇矛武力と移動速度が上がり、槍撃を当てた敵の移動速度を一定時間下げる
必要士気6
Illustration : 春乃壱


桃園三兄弟の末弟、張飛。
計略時のセリフにも出て来る「燕人」は、故郷の幽州が戦国時代では燕国であったことに由来する。

蜀軍では2枚しかない2.5コスト・武力9の槍兵。
その上で知力は最低限の4・征圧力も2を備えている。張飛らしく勇猛も完備。
「知力4?張飛なのに脳筋じゃないのか!?」と(特に「3」プレイヤーは)思うかもしれないが、
粗暴な面が目立つ張飛も年を重ねる毎に冷静な判断ができるようになったと言われるため、その影響だろう。

将器主効果の一つに希少な攻城術を持つのも特徴。
武力9以上の槍兵で攻城術を持たせられるのは全勢力でも彼だけなので、その点で価値は高い。
コスト2.5槍の攻城を強引にねじ込める可能性がある、というのはそれだけでかなりの脅威。
ただし残り二つの将器も十分魅力的なので、悩みどころではある。
特に長槍術は計略との相性が良い。また、武力依存の高い現環境下では攻撃力上昇も捨てがたい。
ただ攻撃力上昇に反してはVer2.0.0Dで乱戦火力を下げられており、乱戦が多くなりがちな槍にとっては辛いところ。

計略「雷槍・丈八蛇矛」は武力+6・1.7倍の速度上昇に加え、槍撃を当てた相手の速度が1c程度低下するようになる。
効果時間は7c。(Ver1.0.7.B)

移動速度上昇のおかげで接近・乱戦からの離脱も容易く、
槍撃の移動速度低下が天下無双・飛ですらまともに動けなくなるほど高いので
並みの相手なら逃がすことなく高武力の槍撃乱戦で圧し潰すことができる。
移動速度低下をうまく使えば味方との連携も取りやすく、さらに殲滅力を上げられる。
効果時間も知力相応はあり、呂布などの手に負えない程に武力が上昇している相手でも、
退きながら槍撃で足を止め効果が切れるまで待つという戦法も取れる。
強化勝負ならまず負けず、場合によっては英傑号令すら押し返すことも可能である。

ダメージ計略には弱いが、妨害に関しては速度低下を与えても槍撃範囲内にいる武将を助けることは出来ず、
武力低下も上昇値が高いので重ね掛けをしない限り有効とはならないだろう。
そもそもそこまで下がったなら速度上昇を活かして退いても良いため時間稼ぎがしたい状況以外では致命打になりにくい。
ただ両方を兼ね備えた離間の計誘惑はもう少し被害を抑えることができるだろう。

最大の問題点は、やはり環境の流れについて来れなくなり始めている事。
蜀軍唯一の2.5コスト武力9槍の座も唯一ではなくなり、多少コストを下げてもデッキパワーが下がる事も少なくなってきた。
特にカードプールの追加が進んだVer2.0.1B現在では、やや低めの知力と計略の爆発力の低さが災いして採用率が低下しがち。

修正履歴

Ver.1.0.0F 武力上昇値増加 +5→+6
Ver.1.0.5A 武力上昇値増加 +6→+7
       移動速度上昇値増加 1.3倍→1.7倍
       槍撃時速度低下値増加 0.2倍→0.?倍
       槍撃時の移動速度低下時間延長 →約1c
Ver.1.0.5C 効果時間減少 9.2c→7c
Ver.1.0.7B 武力上昇値減少 +7→+6
Ver.2.0.0D 槍撃時の移動速度低下値増加
       槍撃時の移動速度低下時間増加 約1c→