カードリスト / 第1弾 / / 張皇后


武将名ちょうこうごう護国の戦姫
張皇后「この国は私が守る。
 ・・・・・・父のようにな」

張飛と夏侯月姫の娘で、劉禅の妻。姉と共に劉禅に嫁ぎ、姉の死後に皇后の座を継いだ。蜀が降伏した後は、劉禅と共に洛陽で暮らした。父に似ず冷静さと美貌の持ち主だったが、武芸を好む点は父と同じであったとされる。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力7 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器知力上昇 士気上昇 征圧力上昇
計略静かなる落雷いずれかの敵に雷によるダメージを与え、移動速度を下げる。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気5
Illustration : NPA


張飛と夏侯月姫の次女で、劉禅に嫁いだ皇后。

武力は最低の1だが、知力7とコスト1に嬉しい柵魅の特技を持ち、伏兵堀りやサポートに向いている。
将器も騎兵向きの征圧力上昇、計略威力を上げる知力上昇、魅力と相性の良い士気上昇とどれも有益。
ダメージ計略持ちとしては、武力の低さを補って余りある優秀なスペックと言える。

計略は専用の落雷で、低士気で速度低下が付くが威力は低めで一部隊にしか落ちない。
ダメージは知力1確殺、知力2に90%、知力5に40%、知力10に30%。速度低下は目測で0.2倍、3c強程度。
知力将器を付ければ知力2まで落とせる。ただし知力2フル兵力覚醒クラスは例外なので覚醒前にチェックが必要。
呂布を始めとした脳筋の抑止としては十分で、優秀なスペックと合わせてデッキに採用しやすい。
確殺ラインはかなり低いが速度低下が付いているので、突出した相手ならば味方の連携で止めを刺すのは難しくない。

「素知力ならばどんな相手も3割以上削り、3c歩けなくする」と考えれば、キーカードを屠るチャンスは割とある。
また、瀕死の敵を飼い殺しにして長時間の無力化を図ってみるのも面白い。 時に静かにデッキ機能不全を狙い、時に堂々と牽制し圧力をかけていこう。

桃園相手など限定状況なら2度打ちも視野に入れたい。知力10(将器)で知力5、知力11(知知)で知力6をギリギリ倒せる。