カードリスト / 第1弾 / / 孫尚香


武将名そんしょうこう弓腰姫
孫尚香「あたしを簡単に
  飼いならせると思わないことね♪」

孫権の妹で劉備の妻。自室に武具を飾るほどに武芸を好み「弓腰姫」と呼ばれた。劉備と孫権の同盟の証として、劉備に嫁ぐ。常にお付きの女官を武装させていたため驚かせることもあったが、周囲の思惑をよそに夫婦仲は良好であったという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器攻撃力上昇 遠弓術 士気上昇
計略孫呉流弓技ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)武力が上がり、同時に弓攻撃できる部隊数が増加する
必要士気4
Illustration : 赤賀博隆


劉備の嫁になった後の孫尚香。

平均的な武力と知力を備え征圧力2特技を二つ持っており、後述の計略効果を含めて考慮すると、
おおよそ弓が苦手な国柄とは思えないほどバランスの取れたスペックと言える。
将器も全て使いやすいものが揃っており、攻撃力上昇、遠弓術は計略との相性も良い。
また、平均武力を備える士気上昇の将器の持ち主なので、開幕で計略を打つデッキでは関索と並んで使い勝手の良いカードである。

孫呉流弓技はおよそ1cのため時間の後に武力+6し、3部隊に弓攻撃出来る。効果時間は7.5c程度。(Ver1.0.7B)
ため時間は呉にあるため計略と比べるとおまけ程度に感じられるほどの短さでありながら、
効果時間も平均的で、士気4としては強化戦法の完全上位互換となる武力上昇+追加効果と、非常に士気効率が良い。
なお、弓兵の特性として、ため中も射撃は続行するので、時間が短いとは言え「動けなくなる」事に対しての戦力低下があまり無い点も嬉しい。

比較対象としては、R夏侯淵あたりで、コストに組み込みやすい1.5コストである点、
武力上昇が大きい(計略使用中は、巧遲の乱撃使用中とほぼ同じ武力)ことと走射ができる点で勝るが、
最大射撃部隊数に制限があるのと、ため時間がある点で劣る。

難点は、ため時間は刹那とは言えカットイン後に相手にこちらの狙いがばれてしまいやすい点。
この計略に射程を延ばす効果はないので、ある程度相手を弓の射程に近づけた状態でために入らなければならない。
しかし近付きすぎるとため時間で乱戦されやすく、遠すぎると射程外に下がられ士気相応の戦果を挙げるのは難しい。
よって相手を足止めする乱戦用の他の武将のフォローが必須となる。守城時には柵や櫓があると便利。
盤面中央で漫然と使用するのではなく使用タイミングをよく見極める必要があるだろう。

やはり最も戦果を上げやすいのは攻城マウントを取った時。
孫尚香の射撃を止めようとすると攻城部隊のゲージを止められなくなり、攻城部隊に乱戦していると孫尚香の複数射撃の的になる。
特に号令系からのコンボは強烈で、高武力となった射撃が一気に複数部隊の兵力を削り取れる。
その点で夫の劉備との相性は抜群と言えるだろう。
劉備の大徳の範囲の広さを生かすためや妨害対策に部隊を散開させすぎてしまうと敵も散開してしまい
3部隊に同時に弓が届かないということも起こるので、孫尚香の位置取りにはきをつけよう。
勿論他の号令との相性も良く、武神の大号令のコンボ相手としては士気11を吐き出すもののトップクラスの効果を出せる。

混色なら実家である呉と組んで麻痺矢の伝授や剛弓の伝授と組ませるのも面白い。
そのままでも十分な効果の麻痺矢や剛弓が最大3部隊に撃てるのは強力。