カードリスト / 第1弾 / / 黄月英


武将名こうげつえい赤毛の才媛
黄月英「わたしのデクちゃん・・・・・・
 孔明さまの敵を追い払って!」

諸葛亮の妻。赤毛で色黒な容貌で、異国の血が混じっていたともいわれる。周囲からは醜女であると噂を立てられたが、才知を愛した諸葛亮に娶られた。木偶人形や木牛流馬の発明や献策など、独自のやり方で諸葛亮を支えた。
コスト1.5
兵種攻城
能力武力4 知力9 征圧力0
官職-
特技魅力
将器士気上昇 城門特攻 募兵
計略黄式加速装置移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : 夢路キリコ


発明家という逸話が有名な諸葛亮の妻。
蜀では初の攻城兵で、彼女の登場で全勢力に攻城兵が行き渡った事になる。
攻城兵という戦闘に期待できない兵種で低武力かつ特技が魅力のみというスペックはかなり厳しいが、
一発の大きい攻城兵がダメージ計略や伏兵で即撤退しない知力があるのは大きい。

黄式加速装置は移動速度が上がるだけの単純なものだが、速度上昇率は3倍以上とかなり大きい(要検証)。
自城から出た瞬間に使って直進すると3c後には攻城ゲージが出現しており、効果時間は約9c程(Ver1.0.5D)
香車戦法脱兎戦法などの速度上昇の高い計略と違い、自身での操作が可能なので敵を避けることも容易であるが
通常騎兵より速いため迎撃対象になってしまう事には注意。

相手をすり抜けたり、自城に引きつけた状態で連環の計や連環の法で足止めして攻城を奪うのが主な使い道。
カウンターが嵌れば彼女一人での落城も狙えるだろう。
だが相手の守城部隊が残っている状態では、自身の低スペックもあり効果は薄い。
しかし効果時間がそこそこ長く、騎兵より速い上に自身での操作が可能なので、
攻城エリアで真横にカードをスライドさせ乱戦から抜けながら次に乱戦されるまでに攻城ゲージをためる運用が出来るため、
攻城妨害が1部隊程度なら一撃なら強引に攻城を入れる事も可能。初めは壁に貼り付いて攻城妨害をおびき出し、後で城門にずらすと更に効果が大きい。
壁に一発攻城を入れると約3割の城ダメージ、将器に城門特攻があるので使用した状態の城門なら計算上5割以上削ってしまうので非常に重い。

相手にした場合は一発が大きい為、不用意に全軍で攻め上がらないなど常に警戒が必要になる。
知力が高いため速度低下の妨害やダメージ計略には強く、連環の法も効果時間が短く効果を完全には打ち消せない。
黄式加速装置で上がるのは移動速度だけなので、高武力騎兵の連突で落とすなど多少部隊を割いてでも確実に処理したい。
構成的に征圧力0の攻城兵に1.5コスト割いている形になるので、征圧戦ではこちらが有利な場合が多い。
なので無理攻めをしないでじっくり征圧戦を挑む戦術も有効と言えるだろう。