カードリスト / 第1弾 / / 王平


武将名おうへい しきん
王平 子均「守りの要として、
 崩されるわけにはいかぬ」

元は魏の武将だったが、漢中を巡る戦いで劉備に降った。特に防衛戦で真価を見せ、蜀軍の窮地を幾度も救った。戦場で育ったために読み書きはできなかったが、代読や代筆を頼み勉学に励んだ。規則を守り戯言を言わぬ厳正の将だった。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力4 征圧力1
官職武官
特技復活
将器復活減少 速度上昇 征圧力上昇
計略奮激戦法武力と兵力が上がる
必要士気3
Illustration : 三好戴克


実は異民族出身と言う説もある堅実なる将・王平。

スペックは武力・知力共にコスト1.5としては若干物足りなく、加えて征圧力1と苦しい性能。
一応特技の復活持ちだが、機動力が高く生存率が高い騎兵にもあったらあったで役には立つがやはり微妙である。
一方で将器にも復活減少を持ち、特技復活+将器復活減少+副効果復活×2ならば復活時間は通常の約半分の16秒と言う異様な回転率を誇るのが強み。
但し同時に、騎兵にはありがたい征圧力上昇の将器も持つため、どちらを使うかは悩みどころ。

計略は「奮激戦法」。
武力+3、兵力が60%回復する。
攻城・守城時の一押しを支え、継戦能力の引き上げなど、爆発力は無いが使い勝手の良い計略。
だが特技に復活を持つため、士気3使ってまで生き残らせるならば思い切って捨てた方が効率が良い場合も多いのが悩み。

総括すると騎兵・復活・奮激戦法と言う組み合わせがどうも噛み合っていない。
一応復活+騎兵のため戦線復帰が非常に早い為、「生殺し」と「速攻撃破」と言う二択を押し付ける事は出来る。
ただ、環境が消耗戦よりもガチの押し合いを推奨している為、二択を押し付けられる状況は極めて稀。
思い切って計略は忘れてしまい、復活サイクルを回してしまった方が良いだろう。
但し、Ver1.2.0Cにおいて快進撃孫策が復活しており、安易な復活サイクルは絶好の餌場になってしまうので注意。

蜀のコスト1.5自体が超が付くほどの激戦区であり、騎兵枠は特に分かりやすい強さを持つライバルが多い。
スペック要員の劉封、爆発力のある魏延、落雷を持つ徐庶、疑似神速の甘夫人。
更に第2弾で超絶強化の趙氏まで追加されてしまい、良く言えば堅実、悪く言えば地味な性能の王平はどうしても埋もれがち。

修正履歴

Ver.2.0.0D 兵力回復量増加 40%→60%