カードリスト / 第1弾 / / 伊籍


武将名いせき きはく
伊籍 機伯「さて、平和的に乱世を終わらせましょうか」

劉備に仕えた政治家。同郷の劉表に仕えていたが、荊州に来た劉備たちと親交を深め、劉表の死後、劉備に従った。行政手腕に長け、諸葛亮らとともに蜀の法律を整える。同時に外交官として孫権と交渉を行い、その手腕をたたえられた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力5 征圧力2
官職文官
特技-
将器遠弓術 守城術 同盟者
計略的確な援兵最も武力の高い味方の兵力が回復する
必要士気3
Illustration : 鹿澄ハル


正史でも演義でも、劉表が生きていた時から劉備に好意的だった人物。
なお、演義で馬良と馬謖を推挙したのはこの人。

スペックは平凡に見えるが、武力2に征圧力2とコスト1の計略要員としては優秀な部類。
さらに自身の計略と相性のいい弓兵なので、攻勢に守勢に活用できるだろう。
将器は1コスト弓としては守城術が優秀。
同盟術もあるが持たせるのは大体王異(女傑の連撃)と組んだ時程度か。

計略「的確な援兵」は低士気で高武力の武将を回復出来る。
なので攻撃力や攻城力は高いが機動力が低い高武力の槍兵との相性が良い。
高武力槍兵といえど敵陣深く踏み込むとなかなか生還は難しいが、彼の計略と組み合わせれば
生還どころかそのまま踏みとどまって攻め続けることも可能になるだろう。
ただ回復量は6割(Ver1.0.0C)と高いがあくまで単体の回復のみであり
むやみに連発しては士気差が生じるため効率の良いタイミングで援護する必要がある。

混色に目を向けると効果時間が長く生存必須の王異(女傑の連撃)や郝昭といった魏の武将と相性が良い。
魏にも「的確な援兵」持ちはいるのだが、こちらは弓なので役割を持たせやすいと言う利点がある。
その上、将器に同盟者もあるので混色のデメリットも軽減出来るのも強み。

Ver2.0.0Aで相性の良い姜維(麒麟児)が追加されたのはかなりの追い風。
兵力が減る事により真価を発揮する姜維の欠点をフォローし、更に本人が守城術を持つ為対姜維にも強い……
という具合で姜維の増殖に半ば便乗するような形で数を増やし、Ver2.0.0Bでは総合採用率2位に、
更に勝率ランキングでは曹彰を超えてまさかの1位に輝いた。