カードリスト / 第1弾 / / 董襲


武将名とうしゅう げんだい
董襲 元代「オレたちゃ最強無敵!
   天下一の水軍だあああ!!」

孫策、孫権に仕えた武将。水軍の扱いに長け、黄祖討伐では大型の船を激突させ、怪力を活かして敵船の錨を切り連携を崩した。実力に基づく大言を放つことでも知られ、若き孫権を励ましたほか、賊を散り散りにさせたとも伝えられる。
コスト1.5
兵種攻城兵
能力武力6 知力2 征圧力0
官職武官
特技
将器知力上昇 速度上昇 募兵
計略特攻戦法武力と攻城力が上がり、強制的に前進する
必要士気4
Illustration : 日田慶治Character Voice : 安元洋貴


旧作では漢の意地→防護戦法といまいち立ち位置の安定しない董襲が、本作では浪漫あふれる性能でやって来た。

群雄勢力以外では数少ない攻城兵。呉に所属する攻城兵では1番軽いコストという独自性がある。
スペックは6/2という典型的な武力偏重型で、攻城兵故に征圧力は0。呉は総征圧力を稼ぎやすい方なのでフォローはできる方。
将器だが攻城兵である事を考えるとどれも微妙。
選ぶなら弱点である知力を補える知力上昇だが、操作不能となる計略時間が伸びる点だけは注意。気にする程ではないが。

計略は「特攻戦法」。
自身の武力を+3、攻城力が1.25倍+固定値2%されるが強制的に前進する。
効果時間5.8c、知力将器で7.1c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)

特攻戦法中の城門攻城は城ゲージを7割も奪い取る。
城に張り付けさえすれば、攻城速度を上昇させられる美周姫の号令や攻城兵と呉の得意の弓兵に相性が良い衝軍の法で一撃を決めるチャンスは充分にある。
だが、速度上昇計略がほとんど存在しない呉で、極めて足の遅い彼を城に張り付けるまでが大変。
伏兵やダメージ計略も知力上昇将器を覚醒しない限りはほぼ無条件で確殺であり、攻城まで持っていくのはなかなか厳しい。

一番の問題は防御寄りのデッキになりやすい呉軍において、攻城特化の性能がやや噛み合っていない点。
前述のように呉単だ移動速度の遅い彼を敵城まで送り込むのは至難の業であり、混色にするにも1.5コスト攻城兵には速度特化の黄月英と回復特化の何儀、防御特化の劉繇、数を集める場合も攻城兵限定だが非常に優秀な士気対効果を持つ張勲がいる為何とも難しい。
計略中に攻城さえすれば爽快な一撃を与えられるが、攻城兵故に基本的には通好みの一枚である事は間違いないだろう。

同勢力の攻城兵にはコスト2の沈瑩、周瑜(七変化)といった面々がいる。
1発の攻城の威力が求められる攻城兵において攻城力のコスト依存という壁は極めて大きく、特攻戦法を使用したとしても上記2種の攻城兵に攻城力で及ばない董襲の採用率は振るわないのが実情。
特攻戦法に士気を入れても攻城力で大敗するという致命的な弱点を抱えるので、董襲を採用する場合は「沈瑩・周瑜より0.5コスト低い」という点は何としてでも活かしたい。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

Menu

最新の20件

2020-09-26 2020-09-21 2020-09-20

今日の20件

  • counter: 28820
  • today: 2
  • yesterday: 10
  • online: 69