カードリスト / 第1弾 / / 孫権(守刀防御)


武将名そんけん ちゅうぼう堅守の名君
孫権 仲謀「おれはかませ犬じゃないんだ!!」

孫堅の二男。跡を継いでしばらくは、兄の孫策と比較されることも多かったが、赤壁の戦いでは机を叩き割って決意を表した。その後も鉄壁の守備で呉を固く守り抜いたが、時に先陣に立って攻撃に参加することもあったという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器守城術
計略守刀防御敵に衝撃によるダメージを与え、弾き飛ばす。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : 高橋陽一


三国志大戦初のEXカードとして登場した孫権。漫画「キャプテン翼」の高橋陽一先生によるイラストで、どう見ても空手キーパーこと若島津健である。
将器は固定で、主効果はゴールキーパーなだけに「守城術」、副将器は積極的な攻撃参加するスタイル及びフォワードにコンバートされた事を踏まえ攻城強化3つ。将器を覚醒させることで、まさに攻守の要として活躍してくれるだろう。
さらにカード裏面のテキストに「赤壁の戦いでは机を叩き割って決意を表した」という孫権のエピソードがあるが、若島津も抗議のために机を拳で叩き割った事があり(「かませ犬じゃないんだ!」の発言もこの時のもの)、開発陣の高橋陽一先生に対するリスペクトが溢れ出ている。

呉では2枚目のコスト2武力8弓兵。知力に若干の不安は残るが、代わりに魅力を持ち征圧力も2となかなかのスペック。

計略の「守刀防御」(しゅとうディフェンス)は、得意の空手を生かし範囲内の敵を敵城側に一定距離吹き飛ばすと共に、武力差を参照したダメージを与えるもの。
範囲は自身前方やや前固定で、横幅はカード5枚分ぐらい、縦幅はカード縦幅2枚分強といったところ。 瞬時に敵を弾き飛ばせるため、守城時の利便性はピカイチ。自城に潜りながら使うことで、攻城中の部隊も範囲に収めることができる。
威力は孫権の武力が高いほど強くなる。武力8では武力1を確殺でき、武力13では武力2を確殺できる。
しかし呂布などの超絶強化した相手にはあまりダメージが入らないので使う際は注意が必要。
台詞の「守刀ディフェンスだぁー!」、カットインがどう見ても手刀じゃない、攻撃時にも使える、他隊に対して有効などツッコミ所は多いが、非常に有用な計略といえる。

名義が「孫権」であるため、英傑号令の1つである「若き王の手腕」を持つSR孫権と一緒にデッキに入れられないのは悩み。
代わりに素の武力が高く、とっさの守りに使える計略を持つため、例えばR陸遜の「駿才の大号令」との相性は悪くない。
天啓の幻」のほうのSR孫堅との相性は抜群。強引な天啓攻城将器副効果の攻城力上昇を生かせるほか、リードを奪った後で天啓一本では難しい鉄壁の守備を見せてくれる。
しかし一緒に「天啓の幻」を使っても孫堅の台詞が変化しない。これは孫堅がスターターでSR孫権を含めた場合同様。カード毎に条件が設定されているためである。

また計略の士気が比較的軽く、高武力にして魅力持ちであるため、混色デッキに入れても活躍してくれるだろう。
混色では特に魏の郭嘉の十の因果とのコンボは必殺の威力であり、士気8で兵力100%の武力7を撤退に追い込める。
将器同盟者を付けて士気11から十の因果を2連発して守刀防御を打った場合、覇者の求心中の曹操等の武力13すら落とすという事も可能。
単純に複数部隊を落としたい場合は愚鈍の計+火計or水計が士気10で知力10まで落とせるので威力では劣るが、
ロマン溢れるコンボである事は間違いないだろう。

絵やテキストがキャプテン翼を意識している割に計略の内容がさながら超次元サッカーである衝撃波であることには触れてはいけない部分だろう。
余談ではあるが姉妹作である戦国大戦では槍撃により相手を弾くといった計略。また、島津という国の特徴としてタッチ操作で溜め、その向きへ高速移動してダメージを与えるといった計略も存在した。