カードリスト / 第1弾 / / 吾粲


武将名ごさん こうきゅう
吾粲 孔休「諦めるな!
  生きて、一緒に家へ帰ろう!」

呉の文官。低い身分の出だが、文官として優れた成果を挙げて、その才能を認められ各地の統治を任せられた。洞口の戦いでは副将として参戦し、暴風雨によって長江に投げ出された兵たちを、危険を顧みず救い出した。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力7 征圧力1
官職文官
特技-
将器速度上昇 征圧力上昇 守城術
計略火計敵に炎によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : Mokety


まるで文官とは思えぬ行動派の男が、旧作同様に火計を持って参戦。

武力2特技無し征圧力1と、数値上は一見するとあまり褒められたものではない。
しかしほとんどのデッキに必要な槍兵をコスト1で補いつつ、同時に火計を仕込めるという点で、幅広いデッキで採用が可能な優良カード。
デッキに裏の手を用意すると同時に、コスト1.5以上に無理にダメ計持ちを割かなくて良いため、
総武力とのバランスをとったり他にバリエーションに富んだ計略を用意できるなど、デッキの柔軟性を持たせるためにも一役買ってくれる。
また、文官なので低武力で一騎討ちを起こさないのもいざという時の役割としてはポイントが高い。

難点は、接近戦主体の槍兵かつ武力が低いので、生存力が低いという事。
複数の部隊を巻き込もうと前に出すぎたり照準を合わせるのに手間取っていると、計略を使う前にあっさり撤退してしまうので要注意。
計略要員としての性質が強いので、無理な乱戦は避け、他の高武力部隊との連携で、撤退回数を減らしていくようにしたい。

かつては呉で唯一のコスト1の火計持ちであったが、カード追加に伴い続々とライバルが出現。
特に武力1という点を除けば非常に優秀な能力を持つC呂範が追加されたのは痛い所。
更には火計のダメージが修正され、吾粲の知力7では以前までは取れてた知力3から確殺が取れなくなってしまうという、致命的な修正を受けてしまった。
火計持ちの殆どは弓兵である為、デッキに槍兵と火計を同時に仕込める利点はまだあるのだが、呉はそもそも優秀な1コスト槍がうじゃうじゃいる為採用は難しいか。

吾粲自身は無特技なので、無特技号令である張承の白鶴の慧眼デッキに呼ばれそうではあるが、
今度は無特技の高コストが槍兵にしか居ないのが災いし槍兵ばかりになってしまう。
コスト1でも、弓で兵種バランスを補う為と、コスト1は武力上昇量が然程影響ないので開幕の弱さを補える特技伏兵持ちの呂範が採用される傾向にある。
…だったのだが、Ver1.2.0Dで白鶴の慧眼の特技持ちへの武力上昇量が+5に増加したのは実は彼にとっては追い風。
この結果、高コスト騎馬に孫策を採用する事が増え、1.5コストは比較的弓を仕込みやすい事から槍+火計要員として彼が選ばれやすくなった。意外な方向からの救いの手である。

修正履歴

Ver1.2.0D 与ダメージ・範囲減少