カードリスト / 第1弾 / / 虞翻


武将名ぐほん ちゅうしょう
虞翻 仲翔「別に興味はないけど・・・・・・
アンタの運命、見えちまったよ」

呉の文官。占いや医学の心得があり、樊城の戦いに従軍した際は関羽の死を予言した。多才で有能な人物だったが、孫権に遠慮なく発言する、自ら降伏させた武将を罵倒するなど、あまりにも協調性を欠いたため周囲から煙たがられた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力6 征圧力2
官職文官
特技伏兵 防柵
将器防柵強化 征圧力上昇 守城術
計略侮蔑の計敵の征圧力を下げ、武力を上げる
必要士気3
Illustration : 木志田コテツ


元は王朗に仕えた直情家。
武力は1と不安だが、代わりに知力6、征圧力2、特技二種を備え、サポート役としてはなかなかの性能。
特に特技の防柵、伏兵は士気の無い開幕の守備において大いに役立つ。

但し伏兵と防柵の同居と言うのは、ある意味矛盾した組み合わせとなっている。
伏兵である自身の姿は戦場で見えないのだが、当然ながら防柵はしっかりと戦場に存在しているため、試合開始時の位置がある程度分かってしまう。
それでも敵の接近を阻む防柵と触れた敵に大打撃を与える伏兵の組み合わせは強力で、
伏兵を踏みにくる高知力武将は防柵が防いでいるあいだに高武力武将で追い返せるし
防柵を割りに来る高武力武将は伏兵で追い払ってしまえる。
伏兵の存在がバレバレになってでも柵を守りたい舞い系デッキなどでは貴重な人材だろう。

将器も優秀で、将器の覚醒をさせてもコスト1の雑用として十分に仕事をしてくれる。
基本的な役割は征圧力を活かして普段は征圧のために歩き周り、防衛時には横弓をすることである。
デッキの他の征圧要員と防衛時の動きを想定して征圧力上昇と守城術のどちらかを、とにかく硬い柵が欲しいなら防柵強化を選ぼう。

計略の侮蔑の計は範囲内の敵の征圧力を-2する代わりに武力を+1する妨害計略。
主な使い方はこちらが高いラインに居る状況で、攻め込んでくる相手の征圧を妨害する事である。
通常は攻め込まれると同時に相手領域も広げられてしまうが、征圧力を下げておく事で内乱の発生を抑止する事が出来る。
敵の武力上昇も、こちらの城前に来るときは効果時間もほとんどなくなっているだろう。
こちらが征圧領域でリードしている状況であればさらに強力で、士気3で内乱を勃発させ城ゲージを持っていけると考えれば破格の取引。

しかし城ダメージや征圧領域で先にリードされ、攻めなければいけない状況ではどうにも使いようが無い。
すでに自城間際まで攻め込まれた場合も同様で、ただ敵の武力を上げるだけの利敵行為にしかならなくなってしまう。
不利をひっくり返すためではなく、有利を拡げるための計略だということを頭に入れておこう。