カードリスト / 第1弾 / / 虞翻


武将名ぐほん ちゅうしょう
虞翻 仲翔「別に興味はないけど・・・・・・
アンタの運命、見えちまったよ」

呉の文官。占いや医学の心得があり、樊城の戦いに従軍した際は関羽の死を予言した。多才で有能な人物だったが、孫権に遠慮なく発言する、自ら降伏させた武将を罵倒するなど、あまりにも協調性を欠いたため周囲から煙たがられた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力6 征圧力2
官職文官
特技伏兵 防柵
将器防柵強化 征圧力上昇 守城術
計略侮蔑の計敵の征圧力を下げ、武力を上げる
必要士気3
Illustration : 木志田コテツ


元は王朗に仕えた直情家は、その性格を反映したかが如く癖のある性能を持って参戦。

知力6・征圧力2・特技二種を備えた、サポート役としてはなかなかの性能。その代わり武力は1しかない。
特技の伏兵と防柵の組み合わせは、配置される柵の傍に伏兵が居ると相手に知られるデメリットを持つ。
知力6の伏兵の威力は無理に温存するほどでもないのでさっさと踏ませて防柵を守ってもいいだろう。
逆に温存したいのなら自分の柵の裏に居ればいい。相手と自分のデッキ次第である。

将器だが、武力1でも仕事をしやすくなる守城術を優先したい。
征圧力上昇は征圧3になり、計略もあって征圧戦に強くはなる。
しかし、武力1の弓兵は騎兵に追い回されれば逃げるしかないのでそこは注意が必要である。

計略「侮蔑の計」は範囲内の敵の征圧力を-2する代わりに武力を+1する妨害計略。
主な使い方はこちらが高いラインに居る状況で、攻め込んでくる相手の征圧を妨害する事である。
通常は攻め込まれると同時に相手領域も広げられてしまうが、征圧力を下げておく事で内乱の発生を抑止する事が出来る。
敵の武力が上昇してしまう効果も、こちらの城に到着する頃にはほぼ効果が切れてしまうので問題ない。
こちらが征圧領域でリードしている状況であればさらに強力で、士気3で内乱を勃発させ城ダメージを奪えると考えれば破格の取引。

しかし城ダメージや征圧領域で先にリードされ、攻めなければいけない状況ではどうにも使いようが無い。
すでに自城間際まで攻め込まれた場合も同様で、ただ敵の武力を上げるだけの利敵行為にしかならなくなってしまう。
不利をひっくり返すためではなく、有利を拡げるための計略だということを頭に入れておこう。

ただ、Ver1.1.0で内乱が起きた際に征圧領域がリセットされるようになってしまったのは痛い。
特に、彼の場合は内乱が発生してしまった後だと武力+1のデメリットが目立ってしまうのが難儀。
エラッタで制圧領域リセットが発生しなくなる効果となった王夫人と組む、
防柵を復活させる計略・奥義と組み合わせて凌ぐ、といった工夫が必要だろう。

Ver2.0.1B現在では、1コストで防柵か伏兵を持つ虞翻よりスペックや汎用性の高い計略を持つ武将も多くなった。
しかし、1コストで伏兵も防柵も用意でき、征圧2を持つのは全勢力でも虞翻だけなのは変わらない。
今後も狭い需要を満たし続けるだろう。