カードリスト / 第1弾 / / 賀斉


武将名がせい こうびょう
賀斉 公苗「キンキラキンの装備をつけて
  ド派手な勝利を手にしようぜ!」

呉の武将。南方の異民族との戦いや後詰で活躍し孫権に高く評価された。非常に派手好きで、部下にも常に最高級の武具を揃えた。遠目でも賀斉の軍団と分かるほどド派手な装いで敵軍を圧倒し、戦わずして勝利することもあった。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器長槍術 突破術 守城術
計略ふんばれ!味方の武力が上がり、移動できなくなる
必要士気3
Illustration : オンダカツキCharacter Voice : 櫻井慎二朗


演義には記述がない孫権配下の名将。
武力5征圧力2の槍にして防柵持ちと堅実なスペック。

以前は呉の武将でコスト1.5の槍兵で唯一の防柵持ちだったが
Ver2.1.0Aで朱皇后が追加された。
彼女と比べて素武力が高いこと、将器が槍兵や守りに向いているものが揃っていることが違いとなる。

計略の「ふんばれ!」は範囲内の味方の武力+5、ただし移動不可になるというもの。
効果時間は5c、知力依存は0.2c(Ver.2.5.1C)。
計略名では分かり辛いかもしれないが号令である。
移動不可という特性ゆえに汎用性は低めだが武力上昇値は必要士気3にしては高い。
効果時間が短めなので、使いどころはよく見極めたい。

主に攻城をねじ込みたい時や城を死守するためのあと一押しなど、城際での運用となるだろう。
城際以外では簡単に逃げられてしまう為、弓多めのデッキ以外では効果が薄い。
他には少し変わった使い道として、挑発などの強制移動計略を受けた時に使用しその場に踏みとどまるという使い方もある。
麻痺矢の大号令のような弓を撃つことが重要なデッキでは、動けないことはメリットに働く場合も多いだろう。
またカードが城門に重なったところで使用すれば城門を複数枚で攻城することもできる。
移動できないのならば衝軍の法とコンボを組んでみるのも面白いだろう。

Ver1.0.5Aにて呉に新たにため計略が追加された。
今まであった駿才の大号令も含めて、ため中に動きにくいデッキを守る一手としては非常に優秀な武力上昇値になった。
孫堅などコストの重い相方でも無理なく組み込めるコストなので、活躍の場は広がったと言える。
大流星の儀式デッキでは短時間でもこの武力上昇値は嬉しく、柵も合わせて非常に重宝するだろう。

ただし効果範囲は自身中心の長方形で、範囲は戦場の1/8程度とかなり狭いので
この号令を使った直後は、範囲に入った部隊は密集した状態で動けなくなることを意味する。
妨害計略やダメージ計略に全部隊すっぽり捉えられて撤退ということにならないよう、相手のデッキを考え効果的に使いたい。
小喬の浄化の計を入れておけば少なくとも妨害に関しては対策出来るので、採用するなら小喬を入れるのもいいだろう。

登場バージョン

Ver.1.0.0F

修正履歴

Ver.1.0.5A 武力上昇値増加 +3→+4
Ver.1.0.7B 範囲拡大
Ver.2.0.1B 効果時間延長 4.4c→5c
Ver.2.1.0C 範囲拡大 →横7.5マス、縦4マス
Ver.2.5.1C 武力上昇値増加 +4→+5

Menu

最新の20件

2019-08-22 2019-08-21

今日の20件

  • counter: 40223
  • today: 34
  • yesterday: 49
  • online: 119