カードリスト / 第1弾 / / 王夫人


武将名おうふじん
王夫人「どうせ、みんな・・・・・・
  わたくしが嫌いなのだわ」

孫権の三男・孫和の母。孫登の死後、孫和が跡継ぎになると、臣下が王夫人を皇后にするため行動を起こす。これに憤った大虎に讒言を繰り返され、悲しみのあまり病死。やがて孫和は寵愛を失い、「二宮の変」が始まってしまった。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力7 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 士気上昇 守城術
計略錯乱の舞い【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)敵の征圧力を下げる。(ver1.1.5Aより)さらに敵軍内乱発生時、征圧領域がリセットされなくなる。
必要士気6
Illustration : ひと和


孫権の夫人の一人。
なお、孫権の夫人に王夫人は2人居るが、こちらは大懿皇后の方。
知力は高いが、武力2征圧力1の歩兵では戦力としては期待し難い。
他の多くの舞い計略持ちと同様、計略使用前提での採用になるだろう。

錯乱の舞いは戦場全域の敵の征圧力を下げるというもの。舞ってしまえば相手は征圧が難しくなるので征圧戦で優位に立てる。
しかし必要士気が6と重く戦闘力には何の影響も及ぼさない効果のうえに、舞った後は実質コスト7で戦わなければいけない為、戦闘では不利になってしまう。

用法としては自身の征圧を広げた状況で舞い、出来る限り時間を稼いで内乱ダメージを数度奪ってそれを守り切るのが勝ち筋となる。
守る時間の長さがそのまま城ダメージに直結するので、防柵再建などの時間稼ぎは効果的。
魅惑の笑顔とデッキコンセプトが似通るが、両者を比較すると、メリットは舞うタイミングが任意で、かつ即効性がある点。
これにより内乱ダメージはしっかり守り切れればこちらの方が大きくなる。
デメリットは自身が動けなくなることで守りやすさに劣ることと、小覇王の蛮勇などの計略での征圧効果を防げない点である。

ver.1.1.0Aで内乱発生時に征圧領域のリセットが入る仕様変更がなされ、しばらくは存在意義を奪われていたが、
ver.1.1.5Aにてエラッタを受け、錯乱の舞中は相手のみ旧仕様となり、以前の様に使えるようになった。
だが稼働当初は舞いを潰されてもその後相手に征圧を塗り返されなければ事実上舞いの恩恵が残ることがあったが
Ver1.1.5現在は、舞いを潰されると征圧ダメージが入れば征圧がリセットされるため、強制的に舞いの効果が終了する。
舞い自体は以前と変わらないが、システム上舞いを潰された後のカバーが効きづらくなっている。
以前よりも舞いを守ることに重点が置かれ、やや使用感が変化しているので以前に使っていたプレーヤーは注意したい。

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「計略内容変更:【舞い】敵の征圧力を下げる。さらに敵軍内乱発生時、征圧領域がリセットされなくなる」