カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 臧覇


武将名ぞうは せんこう八健将
臧覇 宣高「これが泰山流の戦だ!
       ぶっこむぜ!」

呂布配下の八健将の一人。曹操軍との戦いでは、楽進と互角に渡り合う武勇を見せる。呂布が処刑された後は、曹操に仕えた。共に呂布に仕えていた張遼と各地で先鋒を務めるなど活躍。曹丕、曹叡からの信頼も篤かったという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 長槍術 突破術
計略火事場の馬鹿力武力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい
必要士気4
Illustration : lack


実はどちらかと言うと張遼同様魏での活躍が目覚ましいのだが、何故か群雄でしか出ない漢・臧覇。

スペックは平均的な武力、知力に勇猛持ち。
同コスト帯には同じ武力5で伏兵持ちの張繍、復活持ちの厳白虎が居るが、それらに比べると勇猛は狙って活かしにくいのが欠点。
将器にも特徴はないので、計略を活かす形になる。

その計略は自城ダメージが大きいほど武力の上がる強化で、城ゲージ50%程度で+8。
城ゲージがミリまで行けば最大値の+18となる。
そのまま使うには状況に依存されてしまう為、董卓など自城を削る計略と組み合わせることになる。
Ver1.2.0E現在は火事場計略持ちが少ないが、その中では最も攻城向きの能力をしている。

しかし元がコスト1.5に過ぎず、攻城力が上がるわけでもないため、計略後でも武力・攻城力共に抜きんでて高いわけではない。
そして最大の問題は城ゲージが減っている=不利が付きやすいと言う事。+18が出る頃には既に大ピンチである。
同じ計略を持つ徐栄は騎兵なのでまだ機動力を活かせない事も無いが、コイツはその機動力もない槍なので…。

その上で群雄の1.5コスト槍には防柵+毒の李儒や剛槍+速度上昇+野襲の鄭と言った強力なライバルが立ちはだかる。
その為、武力強化が状況に依存してしまう彼の採用率は良くない。