カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 楊氏


武将名ようし
楊氏「苦境に立たされようと、
     節を折りはしません」

馬超の妻。曹操に敗北した馬超が再起を期し、冀城を占拠した際は夫に従い入城した。そこで趙昂の妻・王異と対面し、語り合う中で王異を信頼するようになる。しかしこれは王異の計略で、馬超が留守の間に決起され、殺されてしまった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力5 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器知力上昇 士気上昇 突撃術
計略猛勇の伝授最も武力の高い味方の武力が上がる。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : 誉Character Voice : しもがまちあき


馬超の妻が群雄所属で登場。Ver.1.0.0Fで群雄に夫が追加されたので単色で夫婦デッキが組めるようになった。
武力1と征圧力1は痛いが、騎兵かつ有用な特技を2つも所有するのがポイントだろう。
特に防柵の存在が大きく、痒い所に手が届くコスト1騎兵と群雄には不足しがちな防柵の両方を一人で賄えるのは大変ありがたい。

猛勇の伝授は自身の撤退の代わりに最も武力の高い味方を武力+7する投げ計略。
効果時間7.1c、知力将器で8.3c、知力依存0.4cVer.2.1.0D)。

勢力を選ばないので、混色でも運用できるのは利点だろう。
武力上昇値・効果時間のどちらも必要士気に比べると高めなので追加効果がなくても十分な効果。

単純な武力上昇というのは状況を選ばず、低士気で気軽に撃てる強化計略として便利。
リスクはあるが、コスト1の自身撤退なので軽い方ではあるといえる。
長い効果時間と高い武力上昇値から、ワントップ型のデッキで相手の足並みを崩していく戦術に向く。
呂布や馬超と言った高いコスト騎兵は勿論、董卓(滅葬の魔王)も撃破数を稼ぎやすくなり相性が良い。
他にも乱戟無双や陥陣営などの計略とも相性が良く、相方は非常に幅広い。

特技は豊富だが素の数値自体は低いため、やはり計略あってこその一枚。
低武力ゆえに、必要な場面で撤退しないよう、乱戦や迎撃には注意して扱いたい。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0F 武力上昇値増加 +4→+5
Ver.1.0.5A 効果時間延長 10c→10.8c
       武力上昇値増加 +5→+6
Ver.1.0.5C 効果時間短縮 10.8c→9.2c
Ver.1.0.7B 効果時間短縮 9.2c→7.5c
Ver.1.1.0A 効果時間短縮(知力依存度低下)7.5c(?)→?(0.4c)
       武力上昇値低下 +6→+5
Ver.1.1.5A 効果時間延長 →7.1c
Ver.2.0.0D 武力上昇値増加 +5→+6
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +6→+7