カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 董旻


武将名とうびん しゅくえい
董旻 叔穎「オレ様は魔王の弟だぜ?
  ほら、ひれ伏せよ」

董卓の弟。仕えていた何進が十常侍に殺害されると、何進の弟を殺害して董卓を迎え入れた。その後は董卓と共に洛陽を支配し、独裁体制を築く。しかし呂布に董卓が殺されると、迎撃も間に合わず殺された。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力4 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器兵力上昇 士気上昇 募兵
計略悪逆の弱計敵の武力を下げる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気4
Illustration : Yocky


スペックは平凡だが平均武力を供える柵持ち弓兵。
群雄では柵は貴重でなおかつ平均武力を供えている柵持ちは尚更貴重な存在。
だがスペック以上に計略が重宝されるだろう。

悪逆の弱計は董卓軍お得意の城ゲージを犠牲にして高威力を得る計略の弱体化妨害バージョン。
低下値は‐5、効果時間は知力5に約7c、城ダメージは1部隊につき約3%程度(Ver1.0.5D)
効果範囲は自身からカード1枚分ほど離れた前方円で妨害としてはなかなかの広さを誇り、3〜4部隊を一気に捉えることも十分狙える。
士気の軽さから開幕で打つことや城ダメージも大きくはなるが武力-10となる二度掛けも視野に入る。

デメリット付きとはいえ士気4で英傑号令を相殺出来る低下値があり効果時間はそれなり。
だが複数部隊を捉えればそれなりの自城ダメージになるため、この計略以上の城ダメージを被りそうであったり、、
この計略の城ダメージ以上の攻城を取れる時など、城ダメージの計算をしっかり行う必要がある。

弱体化した部隊を逃がさず仕留められる白馬義従あたりはコンボ相手に最適。
兄の董卓とは暴虐なる覇道と効果自体は相性がいいが、あまりにも自城が削れ過ぎてしまう。
滅葬の魔王とであれば敵を逃がさず仕留めたり相手の号令を無力化するために使え相性がいい。