カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 董卓


武将名とうたく ちゅうえい君臨者
董卓 仲穎「脆弱なる蒼天を闇に染め上げ
   この董卓が君臨してくれよう……」

暴政の限りを尽くし、後漢末に君臨した魔王。黄巾の乱鎮圧後、大軍を率いて上洛。献帝を擁立し権力を手中に収めた。苛烈な法令や残虐な刑罰によって洛陽は地獄と化し、後漢王朝は実質的に滅亡することとなった。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力8 征圧力2
官職武官
特技
将器攻撃力上昇 兵力上昇 速度上昇
計略暴虐なる覇道味方の武力と移動速度が上がる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫


斜陽の漢帝国を蹂躙した魔王が参戦。
スペックとしてはコスト2.5相応と言うところだが、なんと仮にも一大勢力を築き上げた君主にも関わらず特技無し。
君主標準装備の魅力が無いのはわからなくもないのだが、「武芸に秀でて腕力も強く、馬上ではどちらの手でも弓を引けた」と言う剛の者であるにも関わらず勇猛すらないのはいかがな事か。

計略の暴虐なる覇道は武力+6・移動速度1.5倍と言う士気5としては破格の性能。効果時間は7c。
但し、その代償として効果を受けている味方1部隊に付き0.85c毎に自城が削られ、1部隊につきトータル4.8%の城ダメージを喰らう。(Ver1.0.5C)
使用する場合は城ダメージを与えないと不利になってしまうので、まさにハイリスクハイリターンな計略。
効果範囲が狭いので使う瞬間の相手の妨害やダメージ計略には注意。
董卓自身は耐性は強いが、周りの部隊は(特に群雄単色の場合)低知力が低い場合も多い。
移動速度上昇があるので多少離れた所で使って散開するといった工夫も必要だろう。
自城ゲージを削る特性から守りには使い辛く、積極的に攻めるデッキ構成・戦略になりがちだが、
征圧システムと前のめりな戦略は相性が良く、暴虐なる覇道も戦果を挙げやすい。
また、計略のデメリットも、一気に相手を落城させれば問題ないと言う事なのか、魅力持ちを多めに採用した開幕乙デッキでも採用される。

使われた側としては、理想はこちらが城ダメージを受けずに相手が城ダメージを貰っただけという状態を作り出すこと。
守りで使わせたり、戦場中央で暴虐なる覇道を誘って、使ってきたら連環の法で止めて引くなど
とにかく万全の状態のマウントを取られてこの計略を打たせないことを心がけたい。
勿論そう簡単に守り切る事は出来ないので、低コストに多少の攻城を許しても高コストの攻城を防ぎ、
自城ダメージ<暴虐の敵城ダメージという結果であれば御の字だろう。
こちらが城ゲージで有利な状況になっていれば、相手も暴虐を使い辛くなる。

なお、呂布を範囲内に入れると計略台詞が変化する。