カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 張宝


武将名ちょうほう地公将軍
張宝「黒キ霧よ、猛キ風よ・・・・・・
   蒼天の愚者ヲ惑わせ・・・・・・」

黄巾賊の首領である張角の弟。「地公将軍」を自称した。妖術を得意としており、官軍を幾度となく撃破した。しかし兄の張角が病死、弟の張梁が討ち死にすると守勢に回り、苦戦を余儀なくされる。最後まで抗うも、配下に殺されたと言う。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力3 知力6 征圧力1
官職武官
特技
将器兵力上昇 遠弓術 速度上昇
計略牛歩の計敵の移動速度を下げる
基礎時間7.5C(知力依存0.8C)
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫


黄巾三兄弟の次男。

コスト1弓兵の最大武力3に高めの知力6を持ち全コスト1の中でも最高クラスのスペックを持ち計略も優秀。
その分征圧力が1と弓兵にしては低めであるが、積極的に前線を征圧する要員でも無いためそこまで問題とならないだろう。

独自計略でなくなった点は残念であるが、代わりに範囲内の武将の移動速度を低下させる牛歩の計を得た。
同じ効果の連環の計のマイルド版といった形で、士気消費がやや軽い分範囲は直径が部隊2つ分と一回り狭く速度低下も抑え目。
それでも速度低下値は十分で、神速戦法程度なら騎馬オーラがまとえなくなるほど強力。
また、敵が単体でも効果があるため、ワントップの超絶強化相手には離間の計連環の計よりも使いやすい部分もあり、
少数に狙いを絞った足止めとしては十分役目を果たせるだろう。
そして、そういった役割をコスト1枠のコスト比高武力で補えるというのはデッキ構築的に嬉しいところ。

群雄では、呂布などの高武力や弓兵、ワラなど色々と相性が良い。
またコスト1武力3で速度低下計略を持つため、速度低下計略が無く弓の多い呉や、コスト1武力3弓がいない蜀となら混色でも十分採用に値する不気味な存在感を放つ一枚。

激戦区である群雄コスト1弓要員だが、その中でも優秀な武力・知力に使いやすい計略を持つ。
コスト1弓には他にも妨害計略要員として征圧力2で弱体化の小計持ちの魏続、効果の高い甘き毒と魅力を持つ厳氏がいるが、
計略の方向性が全く異なるので誰を採用するかはデッキ次第だろう。

ただ移動速度による妨害と言う点では同じコスト1に同じ消費士気で範囲を選ばず1トップを妨害できる槍兵の鄒氏がおり、
採用するならば後方から攻撃でき損耗し辛い弓兵であることや計略が複数対象に出来ることをフル活用したい。