カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 張繍


武将名ちょうしゅう
張繍「……この恨みを晴らすために、
 私は何をすれば良い?!」

董卓軍の武将だった張済の甥。董卓亡き後、曹操と戦うが降伏する。しかし、曹操が張済の未亡人である鄒氏を妾にしたことに憤慨し、配下の賈詡の策に乗り反乱を起こした。この戦で、曹操は息子の曹昂を失うなど痛手を負った。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技伏兵
将器長槍術 征圧力上昇 守城術
計略火事場の援軍味方の兵力が回復する。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい
必要士気4
Illustration : 前河悠一


曹昂よりも(胡車児との連係で)典韋を討った方で有名な、元董卓軍の武将。
裏書きの通り法正並みに恨みを並べ連ねるキャラになっており、事あるごとに恨みを溜めていく。

コスト1.5としては武力や知力は可もなく不可もなく。伏兵を持ち、伏兵登場後に返す刀で戦闘に参加できる中武力と、征圧力2が嬉しいところである。
将器を用いれば征圧力3になれるため、計略抜きでも採用する余地が出てくる。
地味ではあるが完成度の高いスペックといえるだろう。

計略は範囲内の部隊回復で、自軍の城ゲージが半分を少し下回ったぐらいで約6割回復する(Ver1.0.0C現在)
城ゲージが削りきられれば8割ほども回復し、士気4でこの回復量はコモンとしても破格。
互いに城を削り合う捨て身の戦い、端的には暴虐デッキで最も輝き、董卓のお供のみならず群雄の捨て身デッキ全般と相性がいい。
特に両者削りまくった20カウント前後でこれを絡めて押し込めば、全員が「黄巾の群れ」を持っているようなものなので敵は悶絶するだろう。
ただし本人が流れ矢などで死にやすい槍兵なので、起用する際は絶対に撤退させてはならず、少々テクニックが必要になる。

ライバルは、カードの能力数値・兵種が全く同等のUC臧覇。
あちらは特技が勇猛で、計略は城ゲージが削れていればさらに武力が上がる火事場の馬鹿力と、より個人の戦闘力に期待できる一枚となっている。
デッキに求める役割を、サポート型にするか、戦闘型にするかで、双方をうまく使い分けていこう。
両方ともコストは重くないので、同時採用しているデッキも見受けられる。