カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 徐栄


武将名じょえい
徐栄「強い奴と戦えるなら、
 正義も悪も関係ない!」

董卓配下の武将。諸侯による反董卓連合が結成されると、董卓の命により出撃。敵軍の先鋒であった曹操軍を打ち破り、孫堅との戦いでも戦果を挙げるなど活躍を見せた。董卓死後は王允に従い、李傕軍と戦うも討ち死にした。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力4 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器知力上昇 突撃術 速度上昇
計略火事場の馬鹿力武力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい
必要士気4
Illustration : 三好戴克


曹操・孫堅の両方を相手取りあまつさえ勝つと言う剛の者・徐栄。

スペックは1.5コスト騎馬としてはかなり寂しく、史実の様にとても曹操や孫堅を相手はできない。
勇猛があるため一騎打ちでは格上を食えるかも知れない。

計略「火事場の馬鹿力」は自城ゲージが少ない程武力が上がると言うもの。
計略の性質上、自分の城をゲージを削ってしまう董卓の「暴虐なる覇道」と相性が良い。
Ver1.0.0C現在では城ゲージが半分を少し下回ったぐらいで+8、効果時間は約7c。
ほぼミリまで削られた場合は最大値の+18になる。
爆発力はあるが決して長くはなく速度上昇も無いので連続突撃などを意識して使っていきたい。

問題は群雄の1.5コスト騎馬のライバルの存在。
数が多い為詳しくは省くが、特に似通ったスペックで壁になるのが楊秋。
突撃限定になるが、こちらが最大値を叩き出した時と同等の火力を素で出してしまう。
また、城ゲージが削れていると言う事は一概に不利と言う事であり(+18なんて出る場合は顕著)、
そんな状況で徐栄一人が強化されてもまともなカウンターはできないわけで…。

旧作ではお互いの城を削る「破滅の舞い」があったのだが、今回はそれがない。
この計略が復活すればまた扱いも変わるのだが、現状で彼が活躍するのは厳しいか。