カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 公孫サン


武将名こうそんさん はくけい白馬将軍
公孫瓚 伯珪「天下を掴もう。
   天翔ける白馬義従と共に!」

北平の太守。劉備の学友であり、一時期劉備を迎え入れた。幾度も異民族を撃退した猛将で、白馬に乗った精鋭を率いたため「白馬将軍」と称えられた。河北の覇権を巡って袁紹と戦うも、籠城中に地下から城内に侵入されて敗北、自刃した。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力7 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器突撃術 士気上昇 速度上昇
計略白馬義従群雄の味方の移動速度が上がり、自身の武力が上がる
必要士気5
Illustration : 風間雷太


漢の名家である公孫一族出身にして、白馬義従と呼ばれた軍団を率いた将軍。趙雲のかつての主でもある。

能力はコスト相応のバランス型で号令持ちとしては嬉しい魅力所持とハイスペック。
将器は兵種と計略に噛み合う速度上昇に突撃術と有用なものが揃っている。

白馬義従は群雄の味方の移動速度を1.5倍程度上げ、自身はさらに武力が+5される変則的な号令である。
計略範囲も広く、効果時間は約13.5c(Ver1.2.0D)と号令の中では長い。

号令計略ではあるが、むしろ勢力限定の速度上昇号令がついたリスクの少ないプチ超絶強化という立ち位置が正しい。
計略による速度上昇率は、騎馬が2倍迎撃を受けず弓兵以外の部隊も迎撃の心配はない為、槍消しによる突撃を入れ易い理想的な速度上昇率と言える。
勢力限定とはいえ兵種を問わないので様々なバリュエーションを組むことが出来るため環境にあったデッキ構築が可能である。

武力上昇は公孫瓚のみであるため、相手を倒すという点では物足りなく正面からのぶつかり合いには弱いが、このゲームは相手を倒すというのは過程でしかない。このカードの強さは、速度上昇による相手の裏を取るような攻城や征圧戦、効果時間の長さを生かして相手の計略の引き出させるという点である。
また、Ver.1.1.0以降士気7の大型計略が多くなっており士気5計略による士気差が取りやすくなっている。 素人目に分かりやすい強さがあるわけではないが、大戦の本質を理解すれば勝ちに繋がる玄人向けの一枚である。

Ver1.2.0Dにおいて武力上昇値が5となり武力が13となったことで号令相手の城際攻防も不利が付きにくくなった。
武力依存の大きい現環境では、武力12と13の違いは大きく点で守ることも容易さや相手の足並みも崩しやすくなっている。

稼働から下方を受けることなく強化し続けられているため、いつ日の目を見てもおかしくない一枚である。

デッキ

白馬義従デッキ

修正履歴

Ver.1.0.0D 効果範囲拡大、移動速度上昇値強化
Ver.1.0.5A 効果時間延長 11c→11.5c、移動速度上昇値増加 移動速度1.3倍→移動速度1.4倍
Ver.1.1.0C 効果時間延長 11.5c→13c
Ver.1.1.5B 範囲拡大
Ver.1.2.0D 武力上昇値増加+4→+5