カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 郭シ


武将名かくし
郭汜「ガハハ、全部俺様の欲しいままだぜ!」

董卓の配下。董卓死後は、李傕と共に長安を奇襲。呂布と王允を攻め勝利を収める。朝廷を牛耳ったあとは、配下に略奪を指示し、民衆を疲弊させた。さらに李傕と険悪な仲となり、争うようになったことで勢力は衰退した。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器攻撃力上昇 捕縛術 復活減少
計略悪逆無道武力が上がる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気3
Illustration : 木下勇樹


演義などでは李傕とセットイメージだが、実は正史で呂布と一騎討ちし、しかも引き分けたという剛の者。
旧作ではそんな李傕とセットで1枚になっていたが、本作ではようやく単独武将として登場した。

スペックは6/1/1と武力偏重だが、特技は勇猛ではなく復活である。
計略・特技を含めて全く同じスペックで弓を持っている相方の李傕が居ることを考えると少し物足りないスペック。
移動速度に差はあるが、遠距離攻撃できる李傕の方が圧倒的に使いやすく、
それに比べると郭汜は歩兵であるため兵種アクションが無く乱戦しか出来ない。

計略「悪逆無道」は消費士気3で武力+6が5.5c続くが自城ゲージを削ってしまう。
自城ゲージ削りは痛いが、士気の軽さの割には効果が大きく状況によっては選択肢に入る性能ではある。

このカードを活用するなら、消耗戦向けの構成が良いだろう。
特技復活持ちでありながら将器でも復活減少が付くことを生かして、
特技の復活で-5秒、将器の復活減少で-6秒、更に副将器も厳選すれば-2秒で最大-13秒とほぼ半分の速度で復活が可能になる。
運用的にまず使い捨てになるため短時間で復活出来るのは心強い。
また、将器の攻撃力上昇を覚醒させればコスト1.5ながら攻撃力は武力7相当の活持ちになるため、
歩兵のデメリットを上手くフォロー出来ればコスト以上の働きをしてくれるかもしれない。
そして意外と侮れないのが捕縛術。どんなに速度を上げていようと触れれば文字通り釘付けにする歩兵専用主効果で、
法具連環と合わせれば、(突破効果がない限り)大半の部隊を一度捕まえたら簡単には離さないレベルにまで拘束できる。
…と、将器に関してはどれも強い方であり、ワラ系のデッキであれば覚醒の価値は十二分にある。
一つ問題があるとすると、環境が消耗戦よりも正面衝突や殲滅戦重視になってしまっている点だろうか。

1.5コスト歩兵を採用するなら、超絶メタの左慈や武力7&将器攻城持ちの胡車児と言ったライバルの存在は常に頭に入れておかなければならない。