カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 華雄


武将名かゆう
華雄「雑魚ガ十万イヨウトモ
 コノ先ヘハ通サンゾ……!」

董卓配下の猛将。身の丈は9尺、体は虎、腰は狼、頭は豹と例えられる恐ろしい容貌をしていたという。董卓軍の先鋒として反董卓連合の武将たちを次々と打ち破り、その名を轟かせた。しかし当時は無名だった関羽に一合で討ち取られた。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力3 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 速度上昇 突破術
計略悪鬼の大車輪武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気4
Illustration : チーコ


知力こそ寂しいが、武力9に勇猛とアタッカーとして申し分ないスペックを持った董卓軍の猛将。
将器もさらに戦闘力UPが見込める攻撃力上昇に敵を逃さず倒せる速度上昇、
槍出しがスムーズになり敵城に張り付きにも行きやすくなる突破術と有用なものが揃っている。

計略の悪鬼の大車輪悪逆無道+大車輪戦法とでも言うべきもの。
効果は武力+7に車輪がつき効果時間は6.5c、計略効果終了までに自城に6%のダメージを受ける。(Ver1.0.5A)
大車輪戦法に比べて武力が更に+4は本人の高い武力と合わせて強烈であり、非常に費用対効果の高い強化である。
デメリットの自城ダメージもさほど大きくないので内乱や華雄で一発城壁を殴れば十分取り戻せ、城門を殴れば2度計略を使ってもまだプラス収支。

武力16の高武力車輪は排除する方法が非常に限られてしまい、横弓で攻城ゲージ上昇を遅らせても兵力はほとんど減らず
守城術持ちや朱治などの攻城妨害を得意とする武将が居なければ城門にねじ込んで単騎でも粘って攻城まで持っていける力がある。
城ゲージを失うため使う場面はしっかりと見極めたいが、高武力と車輪の組み合わせは絶大で
並の号令ならばこれ一枚で対応できる位の威力を持つため攻城時以外でも使用できる機会は多い。

必要士気が4というのが非常に優秀で、低知力武将共通の弱点であるダメージ計略で排除されても大きな士気差を作る事が出来る。
その点が同じ群雄の超絶持ち脳筋武将で、士気の重い火計落雷で排除しても士気差のつかない呂布などとの大きな違いと言える。
その士気差のつきやすさを生かして別に華雄をサポートするか終盤に更に押し込む計略を用意するのも良いだろう。
勿論、ダメージ計略で排除されれば城ダメージ+コスト2.5以上が撤退し戦況は不利になるので、 出来るだけ他の味方が巻き込まれないポジショニングを考えなければ、戦線が崩壊して一気に攻め込まれてしまう事になる。
いくら士気差を作っても城ゲージを削れなければ本末転倒なので注意したい。

自城が削れるので火事場計略と相性がよさそうだが、この計略での城ダメージがあまり高くないため
この計略だけで自城ゲージを半分以上削るには9回使用が必要で実質不可能。高い効果が出しにくい。
士気の軽さから混色での運用も出来るので、工夫できる幅は広い。

逆に呂布にない弱点といえば通常の車輪と同じく自身の足の遅さから城際以外で使えば簡単に逃げられてしまうこと。
妨害は武力低下に関しては低下値の高い十の因果でも相殺できないが、重ね掛けで無理やり排除される可能性もあり、
武力12程度に下げられた場合、単騎では城内ローテーションで凌がれる可能性もある。
凌がれた時点で低いとはいえ城ダメージによるデメリットが残るため、相手の主力の状況なども把握しておく必要があるだろう。
速度低下で戦場中央付近で止められてしまっても良さを出しにくい。
高コスト槍を置くことでどうしても足の遅いデッキになりがちなので、戦場中央付近で離間の計などを食らうと体勢を整え直すのはかなり厳しい。
散開された攻めにも弱く、効果時間も短いため長時間強化計略ともやや分が悪い。
勿論開幕の伏兵にも要注意。開幕で崩れて序盤から劣勢を強いられると自城を更に削るこの計略を使いにくくなり主導権を取り戻すのはより難しくなる。

修正履歴

Ver.1.0.0D 武力+6→+7