電子カルテ


FrontPage

同意書 絵を描いて説明することがある。

アレンジできるのは好評。 その病院の独自性に合わせて

指示がどのように看護師に伝わるか。

少子高齢化が進む。 年寄りには視覚的印象が重要。質問を繰り返しされることがある。 いちいち応対していては大変。 説明の要所要所から説明するための映像、もしくは個人サイトを作る機能を持たせる。

パパのカルテ パワーポイントを使って絵の代用をする。 書き込みに時間がかかる。 データベースがちっちゃい。 大きな組織で使うのを考えてない。あちこちで使うとトラブル。

	下書きに描いてからアップする。

マイクロソフトのDBを使ってるやつ。 お金がかからない。簡単な仕組み。 実働部隊がない。 ある程度PCの知識が必要。カスタマイズもできる。 自分でプログラムする人がいる。 うちにDBを持って帰れる。災害に強い。震災時に活躍した。 Webで代用できる オーダリングシステムはカルテより前にあった。

規模がでかくなると遅いことがある。 画像も電子化することがある。 画像はCDから取り込むことがある。 宮城県で患者データのクラウド化が進んでいる。MMV 自分勝手なことをやるな。EBMの理由。

使いやすさとスピード。トラブルの回復速さ。 カスタマイズ性 病院の希望に合わせた設計。

バージョンアップのたびにお金がかかる。 緊急時にすぐ対応する。 丸ごとバックアップは時間がかかる。修復しやすいもの。

拓也 絵が描けないこと。ペンタブは反応が悪いことがある。これはハードの問題。 直感的に分かり。

理解力に合わせて説明する。耳が聞こえないことがある。その患者に合わせて。

老人 合併症を持っている。副作用。認知症。歩くのが大変。 目の前に来て。言葉と笑顔が大事。

扱っている企業
KHI。JBCC。USK。ソフトウェアサービス。ワイズマン