第56回プロアンサーズ ミーさん企画


第56回プロアンサーズ 【Mii wish you a merry Christmas】

以下の企画内容については大幅に変わることはもうないと思いますので、不明点は当日出題者までお尋ねください。

ミーさんが早押しクイズ企画を行う時のいつものおやくそく

・ブザーと同時にボタンを押したor解答した場合はボタン押下or解答が優先です。(一般的なオープン大会のルールと異なりますのでご留意下さい)

・ボタン押下後〜正誤判定までに解答者以外が行った発言は全て「大きな独り言」です。

・解答は大きな声ではっきりとお願いします。

・正解にしづらいものの誤答にも判定し切れない微妙な答えについてはは「もう一回」などと出題者が別解答を要求します。

・東アジア地域の人名は原則としてフルネーム、それ以外の地域の人名はファミリーネームまでを解答として要求しますが、「通称名が一般的な場合」「有名な同名人が複数いて特定できない場合」等はその限りではありません。いずれの場合も即不正解とはしませんので「もう一回」などと言われた場合にはその辺りをご斟酌下さい。

・名数問題(世界三大北壁といえば、みたいな問題)の解答は「問われているものだけ」をお答え下さい。

・特殊な答え方を要求する場合には問題の最初にその旨をお伝えします(大意が合っていれば正解、等)。広い心をお持ち下さい

企画全体を通しての早押しルール「無限チャンス」について

・今回の企画は「無限チャンス」で行います。

・1問につき1人の解答権は1回限りですが、解答者が不正解だった場合、誤答ブザーの後にランプを点灯させた人に解答権が与えられます。

・誤答ペナルティはクイズ形式によって異なります。

・早押し機の設定は「1着のみ点滅、2着以下反応なし、ブザー後リセット」とします。

・シンキングタイムは「ボタン押下後5カウント、問題が読み切られてから5カウント」とします。1カウントは概ね1秒とし、手のサインによって示します。

誤答ブザーが鳴っている間に限り、早押しボタンの連打をOKとします。

・ブザー前の連打が行われていると出題担当者が判断した場合、該当者に「その問題を誤答扱いとし誤答ペナルティを課した上で、さらに全ての形式で引き継がれる10問休み」のペナルティを課すものとします。(解答者へのプレッシャーとなるので、ブザー前のボタン連打は厳禁です。また解答後も出題担当者が「もう1回」を要求する場合があるので、必ずブザーを確認してから連打して下さい)


予選ラウンド「軽い気持ちで押しまSHOW・ジャンル別編」

・5ジャンル×25問で構成された早押しクイズです。1人3ジャンルに参加していただきます。

・1ジャンルに参加できるのは最大16名、最低2名です。16名を超えた場合には近似値順で上位16名が参加となります。

・参加希望が1名の場合にはその人が自動的にジャンル優勝者となります。問題は出題しません。

各ジャンルの出題順は、近似値の上位からの指名とします。

・1問正解で「1+正解時点で解答権がなかった人の数」だけのポイントが入ります。

・1回目の誤答時には「×」が付きます。「×」を持った状態での誤答は「次の問題から3問休み」となり、「×」が消滅します。なお「×」及び未消化の休みは他のジャンルや最終予選・決勝には引き継ぎません。

・点数状況に関わらず25問を全て読み切ります。

・25問終了時点でポイント1位は決勝ラウンドに進出します。また2位〜6位にはそれぞれ150-100-60-30-10のラウンドポイントが与えられます。ラウンドポイントは予選最終ラウンドでのスタート位置に影響します。

・25問終了時点でポイント同点が発生した場合、1位を決定する場合に限り「より後に出題された問題に正解した人」を上位とします。それ以外の場合には該当者でポイントを折半します。折半時のポイントは小数第1位を四捨五入するものとします。

・出題ジャンルは当日発表します。いつもの8ジャンルではありませんが、1ジャンルは「スポーツ」、もう1ジャンルは「2015年」です。2015年に関する問題は関連ジャンルではなく「2015年」で出題します。

・ジャンル1位が重複した場合などで予選ラウンドからの勝ち抜け者が5名に満たない場合には、5名になるまでラウンドポイントの合計上位から勝ち抜け者の補充を行います。

予選最終ラウンド「サドンデスボーダーライン式上座クイズ」

・決勝ラウンドにストレートインしなかった人全員が参加する早押しクイズです。

・「予選ラウンドのラウンドポイント合計」→「近似値クイズの成績順」で全員を並べ替えます。

<予選最終ラウンドの共通ルール>

・成績順で全員を並べ替えた席順をスタート順位として行う上座クイズです。

・正解で2ランクアップ、不正解で2ランクダウンします。ランクの上下はボタンの押下順です。

・ランクの上下があった際にオーバーフローが起こった場合には「○」「×」が付与されます。

・「○」が4つになった時点で勝ち抜け、「×」が2つになった時点で解答権を失います。

・限定問題数に達するまで「他人の誤答なく全て正解を重ねても勝ち抜けラインに届かない」場合には、その時点で解答権を失います。

<組分けの方法について>

「予選最終ラウンド参加人数:後半からの参加人数−前半からの参加人数(勝ち抜け人数)」は以下の通りとします。

13:7−6(2) 14:6−8(3) 15:6−9(3) 16:5−11(4) 17:5−12(4) 18:4−14(5)

※12月16日朝時点でのプロアン参加者は23名=予選最終ラウンド参加者は17名になる見通しですが、何らかの事情により参加者が19名以上になった場合にはラウンドを3つに分けます。その場合の「最終ラウンドからの参加人数−2ラウンドからの参加人数(勝ち抜け人数)−1ラウンドからの参加人数(勝ち抜け人数)は以下の通りとします。

19:6−5+3(3)−8(3) 20:6−5+3(3)−9(3) 21:6−6+3(3)−9(3) 22:6−6+4(3)−10(4) 23:6−6+4(3)−11(4)

<前半ラウンド>

・参加人数に関わらず、問題は20問限定です。(3ラウンド制になった場合、各ラウンドの問題数は15問限定です)

・限定問題数に達するまで「他人の誤答なく全て正解を重ねても勝ち抜けラインに届かない」場合には、その時点で解答権を失います。

<後半ラウンド>

・後半ラウンドから参加する人と前半ラウンドを勝ち抜けた人、合計9名でクイズを行います。

・問題数は15問〜30問(3ラウンド制の場合は10問〜20問)です。

・問題数については「問題数と同じ枚数のトランプを用意→最低問題数(15問ないし10問)と終了サイン後の出題数(3問)分のトランプを抜き取る→残ったトランプにJOKERを2枚入れてよくシャッフル→最低問題数分の山・JOKERが含まれた山・終了サイン後の出題数分の山の順にトランプを重ねる→出題前にトランプをめくり、2枚目のJOKERが出た後3問で終了」とします。なお1枚目のJOKERが出た後にはもう1枚トランプをめくります。

・出題数のカウントは行いません。また解答者が行うことも認めません。

決勝ラウンド「クイズグランプリっぽい早押しクイズ」

・予選で用いた5ジャンルを「10〜50」のポイント別に5問用意した、最大25問の早押しクイズです。

・予選ラウンド1位で決勝ラウンドに進出した人は、予選1位となったジャンルの問題で最初に解答権を得た時に限り、正解時のポイントが2倍になります。

・1問目の指定は「予選最終ラウンドを最後に通過した人」とします。指定できる問題は各ジャンルのうち最も正解時のポイントが低いものとします。

・2問目以降の問題の指定は直前の問題を正解した人とします。正解が出なかった場合には出題担当者がその時点で残っている最も低いポイントの問題から適当に指定します。

・正解時には該当したポイントを加点し、誤答時にはその分のポイントが減点されます。

・「残りの問題を全て2位が正解し続けたとしても1位に届かない状態」が発生した時点で優勝決定とします。

補足:問題ソートについて

ある問題を「どのラウンドに使うか」「何番目に出題されるか」は事前にランダムソートをして決定しています。(決勝ラウンドのみ「決勝ラウンドに使用する問題で簡単だと出題担当者が判断した順」にポイントを割り振っています)

プロアンサーズにようこそ!

プロアンサーズについて

開催予定


最新の20件

2017-12-08 2017-11-02 2017-10-21 2017-09-14 2017-09-02 2017-07-30 2017-07-27 2017-07-08 2017-06-02 2017-04-08 2017-02-10 2016-12-30 2016-12-08 2016-11-12 2016-10-16 2016-08-06 2016-06-25 2016-05-22 2016-04-29

今日の20件

  • counter: 459
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 3

edit